むち打ち施術の方法について 山口県宇部市 山陽小野田市


 むち打ち等、交通事故の症状・負傷は、自賠責保険が適用されるので、ご本人の、当院窓口負担金は「必要無い」です。

ryoukin0.jpg

 ※自損事故・過失割合が大きい場合は、ご相談下さい。

 

交通事故でむち打ち症になったケースでの施術方法として、
病院での方法と当院での方法をご紹介してゆきます。

病院では、痛みを和らげる「保存療法」として、
お薬による「薬物療法」「装具療法」「理学療法」「神経ブロック注射」
があります。

骨や神経そのものを対象にする方法ではありませんが、
これらの方法によって神経の炎症を消炎に導くことで、
痛みの改善を図ってゆこうとするものです。


薬物療法
炎症を抑えるお薬を用いたり、筋肉の緊張感を軟らかくすることを目的にしたお薬などを用いて痛みや症状の回復を図るものです。

お薬の種類としては、主に、
神経に原因があるケースと筋肉に原因があるケースによって、
用いるお薬の種類が違ってきます。

主に、
神経に原因があるケースで用いるお薬の種類

抗けいれん薬:
ビリビリ感と言った電気的な感触や電量に触れた時に様な感触のように、
比較的、強い痛みをともなうときに用いられます。

抗うつ薬:
重だるいような痛みや鈍い痛みに用いられるお薬です。
神経の働きや伝達の作用を抑えるお薬の効果を期待しています。

循環改善薬:
血流を改善することによって疲労物質を取り除くことによって、
痛みを緩和することを狙っています。

筋肉に原因があるケースで用いるお薬の種類

筋弛緩薬:
筋肉が緊張しているものに対して作用させる働きがあります。
このお薬は、この次に説明する非ステロイド抗炎症薬とともに用いることで
効果があると言われています。

非ステロイド抗炎症薬:
一般的に言われている「痛み止め」のお薬です。
痛みをおさめたり炎症を止める効果がります。
これには、内服薬も外用薬もあります。

抗うつ薬:
慢性的な痛みのために精神的な不安感やうつ状態を緩和したり、
痛みを和らげる働きもあります。

抗不安薬:
筋肉の緊張を緩和するとともに、
気持ちのイライラ感や不安感を落ち着かせる働きがあります。


上記の内容のお薬の他に、
痛みが強いケースでは、炎症をしっかりと抑えるために、
「ステロイドホルモン」のお薬もあります。

お薬の種類によっては、副作用として、
血糖値が上がったり、胃腸が荒れると言った症状が出ることがりあます。

もともと、糖尿病や胃腸障害などのある方は、
受診の際には、担当のお医者さんにお伝えして相談してみましょう。


装具療法
痛めた首の動きや腰椎の動きを装具によって制限する方法です。
こうすることで、関節や周りの軟部組織を安静に保ちやすくなります。

首には、「頸椎カラー」を用いて、保温にも役立てようとします。
この頸椎カラーにはいくつかのタイプがありますが、
むち打ちの保存療法では、比較的、緩めの頸椎カラーを用いて、
症状と重症度に応じてではありますが、
通常2~4週間くらい装着しておきます。

理学療法
理学療法には、主に、牽引療法と温熱療法があります。

牽引療法:
遠洋の機械で首や腰を引っ張る療法です。
頚椎、胸椎や腰椎の神経の根元の症状を改善するためにおこないます。
牽引する機械も、首用と腰用の専用のものがあります。

温熱療法:
首や肩、腰まわりの痛めた部分を温めます。
温める機械も専用のものがあります。
その機械からは、マイクロ波や超音波などの特殊な波形が出ることによって、
痛めた関節や軟部組織を温めてゆきます。


神経ブロック療法:
この神経ブロック療法とは、
「局所麻酔薬」を痛みを出している部分に対して注射をしてゆくものです。
この部分にたいして注射をして、一時的に、痛みをなくす療法です。

前述の薬物療法や理学療法などを行なっても症状が改善しないケースで、
神経ブロック注射を行う事を提案されることがあります。

この注射療法のお薬の作用する時間は数時間で無くなりますが、
一旦は、痛みを断ち切る作用があるので、

その後の痛みも和らぐと言う効果があります。


当院での施術方法:

交通事故で被ったむち打ち症状では、
交通事故の衝撃で骨や関節が歪んでしまっているケースも、
決して、珍しくありません。

当院にご来院される交通事故にあわれた方の症状では、
前述の様な骨や関節が歪んだ原因であることが、本当に、多いです。


強い痛みや、その他の鈍い痛み、シビレがなかなか取れなくて、また、
痛みやシビレがともなうとともに、発赤、腫れ、熱感など、
様々なケースを引き起こして日常的にお辛い症状が続いていることもあります。


交通事故では、思いもよらないさまざまな症状を感じてきますが、

当院はその原因を根本から解明して、
施術効果を上げてゆくことで、あなたのお辛い症状を改善してゆけます。

根本原因をとらえて、その原因と症状に対して施術を行なうのが、
当院の施術の特徴です。

こうして、交通事故にお遭いになる前の元気なおカラダに戻ってもらえるように、
むち打ち症状の施術に取り組んでいます。

   

●交通事故のむち打ちで、痛い、だるい、重たい・・・。このむち打ちのサインは、いつまでも続く警報器!

 むち打ちの症状は、なぜ、なかなか回復しなのでしょうか?

その理由をごく簡単にのべれば、
「生まれつき持っている体のバランスがくずれる」からです。

バランスがくずれた原因は、もちろん、
交通事故の衝撃を被ったことによってむち打ち症が、
発生したのが発端です。

むち打ち症の状態から、骨や関節のひずみが生まれて、
症状がなかなか回復してくれなくなります。 


また、そればかりではなくて、意外と、
その後に、被ってきた心身へのストレスも計り知れません。

痛みやだるさなどの症状を抱えているうちに、
それらをかばって不自然な恰好が習慣化してきます。

そのような肉体的ストレスが日常的に持続することによって、
頚椎ばかりではなく、
骨盤と背骨のゆがみから骨と関連する内臓や神経もゆがみます。

こうして、もともとの症状以外にも、不快症状があらわれるようになります。


また、この症状や姿勢のひずみは、精神的なストレスとなって感じ始めます。

こうして感じ始めた精神的なストレスが大きくなってくると、
血流やリンパ液の流れが滞って内臓にも悪影響が及びます。

このように、気持ちの面で心がゆがむと、
自然と「うなだれたような姿勢」になってきてくるのは当然ですが、

こんな「うなだれるような姿勢」が、
また、骨や関節のゆがみを悪化させます。

このような機序から、体のゆがみが連動して起こる、
ということが、毎日の暮らしの中で実際に起こるのですから厄介です。

こうして心身の調和が、くずれれば崩れるほど、
それまで、なんとか自力でむち打ち症状に立ち向かったり、
戦ったりしていた自然治癒力が低下してしまいます。

こうなると、なかなか、自力での回復は難しくなります。


むち打ち症状を早期に回復させて、後遺症を回避するには、

その根本原因となっている骨や関節のひずみ=つまり、
「ゆがみのサイン」を、できるだけ早くキャッチして、
適切な施術を施す
こと以外にありません。


たとえば・・・
ご自分のむち打ち症状が「慢性的になってきたから、仕方がなさそう」
とか「よくなってゆかないから、あきらめるしかないかな~」などと、
言って軽視すると、時間とともにゆがみが拡大してゆきます。

このような状況は、
痛みやだるさしびれなどの症状が、悪化するばかりではなくて、
将来にわたって考えると、それが、大病することにもつながります。


むち打ちでお辛い症状を取り除き、将来の後遺症を回避する手立てとして、
当院の施術は、特徴的です。

つまり、
当院の施術の特徴は、
関節のひずみ あるいは、骨盤・背骨のゆがみを矯正する!
というところにあります。

関節のひずみ あるいは、骨盤・背骨のゆがみを矯正することこそ、
むち打ち症状を回復させるために、大切な第一歩となります。

その上で、当院では、
ツボへの刺激も組み合わせで効果を上げてゆきます。

 

 

 

 むち打ち等、交通事故の症状・負傷は、自賠責保険が適用されるので、ご本人の、当院窓口負担金は「必要無い」です。

ryoukin0.jpg

 ※自損事故・過失割合が大きい場合は、ご相談下さい。

tel1.jpg

  

通常の一般整体はこちらをご覧下さい

矢印02-pink.png

 

メニュー

初回割引特典

インターネット限定特典/ホームページを見た方には、ホームページ特典として初見料7,000円が今なら6,300円

「痛み・シビレ」専門施術の料金

初回 7,000円が今なら6,300円
2回目以降 6,500円

※料金はすべて税込価格です。

※O脚・小顔・骨盤矯正系・交通事故の施術料金は各ページをご覧ください

 

※当日予約も可能です。 でも、確実にご希望の時間で予約したいという方は、2〜3日前にはご連絡ください。ご予約受付:0836-44-5005 ↑ここをタップ! メールでのお問い合わせ