慢性腰痛症

mansei-title.jpg

 

●腰痛の慢性期 = いわゆる「腰痛症」                     
「慢性腰痛症」とは、原因がよくわからない、3ヵ月以上続く腰痛の総称です。
検査や症状の進行具合により、後になって原因がわかる場合もあります。
通常、ぎっくり腰のような激しい痛みではなく、腰がだるい、重い、鈍い痛みなど
が慢性的に続き、疲労や冷えなどが加わると、さらに症状が悪くなっていきます。
また、ストレスなどの心理・社会的要因も痛みに影響をあたえています。

●おもな施術法                       
 ・運動療法
   ストレッチで柔軟性を高めたり、腹筋や背筋をつけることで腰痛が改善する
   ことがあります。運動の種類にこだわらず、継続することで施術効果が高ま
   ります。

 ・薬物療法
    痛み止めや筋肉の緊張をほぐすくすりなどのほか、ビタミン剤や漢方薬、
   抗うつ薬で効果がでることもあります。

 ・リエゾン療法
   整形外科や心療内科など、複数の医師が連携(リエゾン)をとりながら
   施術にあたることがあります。腰痛には、一般に考えられている以上に
   様々な心理的・社会的要因が関係しているため、心とからだの両面から
   施術することで効果があがるケースも少なくありません。

 ・認知行動療法
    あなたご自身の腰痛に対するとらえ方を変え、前向きに行動すること
   によって日常生活が改善することがあります。

●本来の健康な状態に戻るために               
施術は痛みをとることが目的でなく、普段の生活にできるだけ早く戻ることです。
腰痛があるからといって家に引きこもらず、積極的に活動していくことが大切です。
 ・決まった施術方針や施術に積極的に参加していく
 ・腰のことであまり神経質にならないようにする
 ・毎日運動するよう心がける
 ・なるべく職場や家庭でのストレスをためないよう心がける

 

 病院・整形外科では、
どうやって「慢性腰痛症」と判断するのでしょうか?

腰や脚~足(下肢)にかけての痛み・シビレの原因を究明するために、病院や整形外科ではどんな方法で判断するのでしょうか?

それは、レントゲンやMRI画像によって、慢性腰痛症が起こっているかどうかを目で見て判断するという方法をとります。
この目で見て判断することによって、この病気が持っている特徴的な状態・病態になっていれば、「慢性腰痛症」だと言う事が判明するわけです。

病院や整形外科では、こうして見つかった慢性腰痛症が、腰から脚~足(下肢)にかけての痛み・シビレの原因だと判定します。

 

レントゲン・MRI・CT画像で見つかった「慢性腰痛症」が、痛み・シビレの原因とは、限らない!ことがわかってきました。

1.痛み・シビレが強くても、レントゲンやMRI画像では異常がない
2.「慢性腰痛症」があっても痛み・シビレを感じない
3.「異常」(慢性腰痛症)と言われた箇所を手術で正常の施術しても、痛み・シビレの症状が残ったり、しばらくして以前と同じ症状を感じるように再発する

上記のような状態の方々は意外に多いのです。

ご存じないかも知れませんが、実は、腰椎が慢性腰痛症を起こして、神経を圧迫している様に見えても、痛み・シビレなどの症状としての実感がなくて何の障害もない方は意外とたくさんいるのです。

つまり、見方を変えれば・・・
「腰椎が慢性腰痛症を起こして神経を圧迫している様に見えるが、その慢性腰痛症の状態が、直接的に、痛み・シビレの原因ではない!」
という事もよくあるのです。

 

【整形外科の教科書が教える「その他の原因の可能性」】

次に、「レントゲンやMRI・CT画像で腰椎の異常が見つかっても、腰椎の異常が痛み・シビレの原因だと安易に決めつけてはならない。」という記述について、お話してゆきます。

実際に、整形外科の教科書「MOOK整形外科プライマリ」にも下記の記述があります。

「成人の脊椎単純X線像では、退行変性による形態異常は必ずといっていいほど認められる。近年の画像所見と症状に関する科学的研究により、レントゲンやMRIなどの画像検査でみられる退行変性の所見は、必ずしも痛みの原因と結びつけられない事がわかってきた。」(MOOK整形外科プライマリP30抜粋)

この記述が意味するところは、「レントゲンやMRI・CT画像で腰椎の異常が見つかっても、腰椎の異常が痛み・シビレの原因だと安易に決めつけてはならない。」ということです。

 

【NHK番組が教える「その他の原因の可能性」は6割

2016年6月22日放送のNHK番組「CHOICE(チョイス)」では、腰痛を取り上げ、下記の内容を報告していました。

※番組では、分離症・脊柱管狭窄症・すべり症・ヘルニアなどを含めた腰痛全般の原因としてお話していました。

「レントゲンやMRI・CT画像の画像検査によって判明した異常箇所を手術した症例のうち全体の4割は、手術後も痛み・シビレなどの症状は出なかったが、残りの6割には、痛み・シビレなどの症状が残っていた。あるいは、再発していた」

「したがって、全体のうち手術後も痛み・シビレなどの症状が出なかった4割の症例は、画像検査によって判明した異常箇所が原因だったと考えれる。」

その半面、

「痛み・シビレなどの症状が残ったり、あるいは、再発していた6割の症例は、画像検査によって判明した異常箇所が原因ではなかった。他に、原因がある。」

「しかし、現在のところ、レントゲンやMRI・CT画像では、他に、原因がある箇所がわからない。」

では、辛い痛み・シビレの他の部分の原因(=6割の部分の原因)はなに?と言うことが気になってくると思います。この6割の部分の原因に施術・対処ができれば、回復してゆけることになります。

このことについて、次の項目で当院が考える慢性腰痛症の原因とそれに対処する施術方法をお伝えします。

 

当院は慢性腰痛症の原因を
どのように考えて、
施術しているのか。

一方で、レントゲンやMRI・CT撮影などの画像での所見によって、慢性腰痛症があっても、痛み・シビレの症状を感じない方たちもいます。

したがって、痛み・シビレの原因のすべてが、必ずしも、「慢性腰痛症」が起こっている部分(=画像検査で判定された部分)に起因することによるものではないとも言えます。

つまり、MRIなどの画像所見で慢性腰痛症があっても、「腰椎における慢性腰痛症、そのものによって痛み・シビレが発生してしまうだけではない!」と考えて、施術方法を組み立てて、現在の施術方法に至っています。

 

小山整骨院が考える「慢性腰痛症」の原因とその施術方法とは?

前述のNHK番組で指摘があった4割のケース、つまり、画像検査によって判明した異常箇所が原因の部分については、病院や整形外科においての投薬やブロック注射等の処置や対処方法が施されていると思います。

ここで問題になるのが・・・

その病院や整形外科の処置や対処方法を受けたのもかかわらず、痛み・シビレが回復しない6割のケースは、「画像検査によって判明した異常箇所が原因ではなかった。つまり、他に、原因がある。」ということになります。

NHK番組で指摘があった「6割の部分の原因」とは、「下記の3つの原因」であると、当院では、考えています。

下記の「3つの原因」のうちのいずれか1つが該当、あるいは、2つ、または、3つ全ての原因が該当するから、痛み・シビレは発症するのだと考えています。

そして、これらの原因に対して処置、施術することで、実際に、多くの痛み・シビレの症状が改善してゆきました。

 

画像検査(レントゲン・MRI・CTなど)で
特定した以外にある「痛み・シビレ」の「原因、3つ」とは?

NHK番組「CHOICE(チョイス)」で指摘のあった腰痛全体の「6割の部分の原因」が、「下記のその1~3」だと、考えられます。

完全に、「6割の部分の原因」=「下記のその1~3」ということではありませんが、これらの3つの原因に対して処置施術することで、実際に、多くの痛み・シビレの症状が改善してゆきました。

原因 その1:神経の圧迫・炎症

原因 その2:脊柱と腰椎のゆがみ

原因 その3:筋肉の引きつれ

3つの原因と施術についての考え方を、順次、説明してゆきます。

 

原因 その1:神経の圧迫・炎症

腰椎における慢性腰痛症が起こっている局所よりも、その周りの抹消神経が圧迫されてダメージを受け、炎症を起こすことの方が、痛み・シビレを感じさせてしまう原因としては、とても、大きいと考えて当院では施術・対処しています

原因 その1:「神経の圧迫・炎症」に対する施術方法

「慢性腰痛症」の周りの神経の炎症こそが、痛み・シビレを起こさせていると考えられる訳ですから、その神経の圧迫を緩和して、炎症を消炎させることによって、その神経に沿って発生している痛みシビレを落ち着かせるように施術しています。

実際の当院の施術では、下記の3つの方法を原因と症状によって使い分けて行います。

1.当院独自の整体とツボへの施術によって、神経の炎症の早期回復を図ります。

2.神経の炎症を消炎させる医療機器によって、神経の炎症の早期回復を図ります。

3.神経が圧迫されている原因は、骨格・関節の歪みによるものです。
この歪みを当院独自の骨格矯正によって、正常な状態に整えます。
(この矯正は、次の項目:「原因 その2:脊柱と腰椎のゆがみ」と共通するので、次項でも説明してゆきます。)

 

原因 その2:脊柱と腰椎のゆがみ

脊柱と腰椎・各関節にゆがみがあると、腰椎にかかってくる荷重が正常な状態よりも大きくなって「慢性腰痛症」の痛みとなって表れてそれを悪化させます。

なぜなら、そのゆがみによっても脊髄を出たあとの抹消神経を圧迫する度合いがより大きくなって、末梢神経そのものがダメージを受けて、深刻な痛み・シボレを発するようになります。

また、それをそのままにしておくと、一旦、起こってしまった腰椎の骨や靭帯の変性が、さらに、悪化して、痛み・シビレの悪循環が起こります。

原因 その2:「脊柱と腰椎のゆがみ」に対する施術方法

実際の当院の施術では、下記の2つの方法を、原因と症状によって使い分けて施術します。

1.当院独自の骨格矯正を、ゆがみを起こしている各関節に対して、直接、施術ゆきます。

2.「3Dストレッチ」という方法を行うことによって、ゆがみを正常な状態に回復させた後、元の悪い状態にあと戻りすることを防止します。 

 

原因 その3:筋肉の引きつれ

その他に、この神経の炎症による痛み・シビレ以外に、実は、筋肉、それ自体が発する痛み・シビレも見逃してはいけません。
それは、筋肉が「引きつれ」て発する痛み・シビレです。

圧迫や炎症を起こした神経の興奮状態によって、神経によって支配されている筋肉は慢性的に緊張した状態に陥ります。
また、この状態では、神経によって支配されている血管も収縮して血液の循環が悪くなります。

特に、慢性的に緊張した筋肉は、血液の循環が悪くなることによって、酸素の供給が十分に得られなくなります。この酸欠状態によって筋肉は引きつれを起こします。

引きつれた筋肉は痙攣を起こした状態とも言えますので、これが加わると、間歇性歩行などの痛み・シビレも余計に辛いものとなって感じてしまいます。

原因 その3:「筋肉の引きつれ」に対する施術方法

実際の当院の施術では、下記の2つの方法を行います。

1.当院独自の整体とマッサージによって、引きつれを起こした筋肉への血流促進を行い酸素(O2)の供給を増やします。

筋肉が引きつれを起こした大きな原因は、血流が十分でなくなった結果、筋肉が酸素不足に陥ってしまったからです。

2.神経が興奮した状態を鎮静化させることができる医療機器の通電療法によって、その神経がコントロールしている筋肉の引きつれた状態を緩和してゆきます。

 

【追伸】

レントゲンやMRI撮影・CT撮影という画像検査によってわかった原因に対しては、病院・整形外科の施術・投薬・手術によって、痛み・シビレは改善してゆけるのだと思います。

しかし、その画像検査ではわからない原因が存在しています。
※、本文中で、整形外科の教科書「MOOK整形外科プライマリP30抜粋」にその説明があった通りです。

そして、その画像検査ではわからない原因は、腰痛全体の6割、存在することがわかっています。

 ※NHK番組では、分離症・脊柱管狭窄症・すべり症・ヘルニアなどを含めた腰痛全般の原因としてお話していましたが、手術をしても改善してしなかった痛み・シビレが、腰痛のケースでは、6割ほどあるという内容でした。)

もし、病院・整形外科の画像検査に基づいて投薬・施術・手術を受けているのにもかかわらず、あなたの痛み・シビレ等が改善していないのなら、画像の検査で発見できない原因の部分(腰痛全体の6割)があるからだ、ということになります。

もし、病院・整形外科を受診して処置を受けているにもかかわらず、あなたの感じている「痛み・シビレ」が改善していないのならば、処置してもらっている箇所に原因がないのではありませんか?

当院の施術は、レントゲンやMRI画像・CT画像の検査で原因が判明しない「6割」の原因に焦点を当てて施術してゆきます。

病院・整形外科で画像検査に基づいて投薬・施術・手術を受けているのにもかかわらず、あなたの痛み・シビレ等が改善していないのなら、一度、当院の施術を受けに来てみてください。

 

 yorokobi1.jpg

三苫 大祐様からご感想をいただきました。

三苫 大祐様

三苫様のご感想
※クリックすると大きな画像が表示されます。

1.来院される前、どのような期待や不安がありましたか?

整形外科で電気療法を受けたり、マッサ-ジを受けてもなかなか痛みが取れなかったので、正直整骨院で痛みが取れるのか半信半疑でした。

2.実際に来院されてどうでしたか?

どういった施術をされるのか分からなかったため、非常に不安でしたが、院内の雰囲気もよく先生もとても気さくな方だったのでリラックスできました。

3.施術前と施術後を比べてどうですか?

今まで受けてきた施術は、ポキポキ鳴らしたり、強く刺激を加えたりするものばかりでしたが、ここでの施術はとても短時間で痛みもなく、「あれっ?終わり?」といった感じだったのですが、不思議なぐらいに痛みも取れて楽になりました。

4.私(院長)の説明はわかりやすかったですか?

今まで自分自身が全く知らなかった身体のことが非常によく分かりました。 説明をうけて「これなら安心して施術を受けられる!!」と思いました。

5.その他、何かひとことお願いします。

立ったり座ったりする際に腰が痛む方には是非来院をお勧めします!! 今までなかなか改善されなかった痛みがうその様に楽になりました!! ありがとうございます!!

※お客様のご感想であり、効果効能を保障するものではありません。

 

kansou-kosi1.jpg

  

kansou-kosi3.jpg

  

kansou-manseikosi1.jpg

  

kansou-manseikosi2.jpg

 

腰痛の関連記事

 

整体の流れ

流れ1.jpg

 ご来院後 、

 カウンセリング・シートを書いていただきます♪

 

 

流れ2.jpg

 ご記入されたカウンセリング・シートを見ながら、

 詳しい内容を質問していきます♪

 

 

 流れ3.jpg 身体バランスや歪みを検査中

 カラダのズレを診ますよ~♪

 

 

 

流れ4.jpg上半身の動きを診てみましょう~ね

 

 

 

流れ5.jpg質問と検査に基づいて施術開始♪

 

 

 

流れ6.jpgリラックス♪ できる施術です♪

 

 

 

流れ7.jpg  【施術後】カラダも心も軽~く!!

 素敵な 笑・顔・美・人 に♪

 

 

   mansei-youtuu-fukidasi.png

特徴 その1

カラダを見れば、あなたのどこを施術すれば、回復してゆくのか分かる。

当院では、局所の症状 と 根本原因 の両方面からチェック!しています。

zutukata07.jpgこのような「局所の症状」であるコリや痛み、だるさ、重さの原因となっている筋肉のコリ 自体(トリガーポイント)と骨格の歪みとして表れる「根本原因」の両方を改善してゆくことを第一に考えて施術を行っています。

さらに、頭痛、肩こり、首の痛みが出にくいカラダを維持するために必要な対策として、「姿勢の改善」や「体操の指導」も行って、早期の回復とその後の日々の快適な生活が長く送れるように指導しています。

特徴 その2

倦まず弛まず、日々、施術の技術力をアップ!

毎月の学会では、講師として指導役を務めています (^^

zutukata08.jpg当院では、人体解剖学・生理学の知識と、整体・鍼灸の施術の技術力のブラッシュアップに余念がありあません。

毎月、学会(東京・大阪・福岡)で、講師としても参加しながら、技術を探究しています。

今のレベルに満足することはありません。

施術の技術力をアップさせてゆくことで、最善なる施術をあなたに用いて、早期の回復につなげています。

特徴 その3 

どこが、あなたの痛み・シビレ・お辛さの原因なのか?が分かる検査とその原因に対する施術だからこそ回復に導くことができる

zutukata10.jpg

いつまでも、ツライ症状を一人で抱え込まないで欲しいです。

zutukata11.jpg当院は、あなたの本来のカラダがよみがえり、体も心もスッキリ!できる施術を提供しています。

以前の元気なあなたを取り戻していただけるよう、当院は、本気で、お手伝いさせていただきます。

 

宇部市・山陽小野田市 小山整骨院 のご案内

施術料金      宇部市 山陽小野田市 小山整骨院

↓ この様な方に おススメです ↓

長年の慢性症の辛さを改善したい方!(慢性の辛さ)

寝違いなど急に、首・肩・頭・背中に痛みが出た方(急性の痛み)

痛みや不調で仕事・家事に集中できない方

数カ所行ってみたけれど、なかなか改善されない方

毎日を楽しく元気に暮らしたいい方

初回割引特典

インターネット限定特典/ホームページを見た方には、ホームページ特典として初見料7,000円が今なら6,300円

「痛み・シビレ」専門施術の料金

初回 7,000円が今なら6,300円
2回目以降 6,500円

※料金はすべて税込価格です。

※O脚・小顔・骨盤矯正系・交通事故の施術料金は各ページをご覧ください

 

 

施術を受けるとzutukata22.gif

zutukata23.gif苦しんだのは過去のモノ。すっかり忘れて、エネルギッシュな毎日が過ごせます。

zutukata23.gif毎日の痛み・辛さの調子に、一喜一憂する必要が無くなります。

zutukata23.gif痛みで眠れない夜と、サヨナラできます。グッスリ眠れます。

zutukata23.gif仕事に支障が無くなって、生産性が上がります。

zutukata23.gifスポーツや趣味で、これまでとは違った積極的な行動がとれます。

zutukata23.gif「何か、よい施術法が無いか?」 と、探し回るのは、もう、終わりです。

 

カラダが思い通りに動ける喜びと 「当たり前」の幸せを手にしましょう。

 

完全予約制     宇部市 山陽小野田市 小山整骨院

当院は完全予約制です。 飛び込みで来院されましても、予約を取って頂くことになります。

電話での「当日予約」も受け付けております通常、施術時間は目安として5060分、カウンセリング・検査などが入りますので、 来院されてから帰られるまで90~120分・・・

ホームページを見た

 予約したい

・・・とおっしゃってください。

  あなたのお困りの痛みや違和感

 ご予約希望の日時

 ご連絡先電話番号(携帯電話等)

 お名前

・・・をおうかがいします。よろしくお願いいたします。 

 

交通アクセス   宇部市 山陽小野田市 小山整骨院

小山整骨院と駐車場正面から撮影した当院です。

グリーン色の外観が目印です。

お車も20台、駐車可。

常に、駐車が楽にできます。



759-0206 山口県宇部市東須惠2946-7 (通称:厚南区第一原)
*整骨院の斜め前には、広い駐車場のセブンイレブンがあります。

 


大きな地図で見る

お車・電車・バスを利用するルート・道順を写真入りで説明しています。

「小山整骨院」への行き方を、お越しになる方面・ルートに合わせてご覧になって下さいね。

下記の関連する記事: の各方面クリックして頂くと、ルート・道順ごとに写真付きで案内があります。

  関連する記事:車のケースは、下記をクリック!  

 

県外や、宇部市・山陽小野田市以外の市町村(美祢市‣長門市・萩市・下関市・山口市・防府市などからお越しの方は、グーグル・マップ(上記)の広い範囲を指定して、ご覧ください。

 

道順がご不安な方は、 

ご遠慮なく、お電話0836-44-5005くださいね。

  

関連する記事:電車やバスをご利用の方は、下記をクリック! 

 

追伸、     宇部市 山陽小野田市 小山整骨院

 ここまで、お読みになったあなたは、偉いと思います。 

ご自分のカラダの事を真剣にとらえて改善してゆきたいと心から感じているからこそ、当院のホームページに出会って、こちらの 【症状別対策:当院が得意とする症状】 ページにたどり着いたのだと思います。 

そんなあなたには、ぜひとも、その辛さから脱して体調を取り戻してほしいです。

 そんな私の願いを反映したものが、ここの項に書き込んだ内容です。

 痛みやコリ感といった不快な症状は、燃え始めた 「火事 と一緒なんです! zutukata26.jpg

燃え始めた 火事」 も、そのまま放置しておくと、燃え広がってゆきますよね。 

そして、挙句の果てには、建物も崩れ落ちてゆきます。

あなたの カラダ が、 今!マズ~イ」 状況になっていると、少しでも、感じていたら、あなたの カラダ が、「火事」 で崩れ落ちてゆく建物と同じ羽目にならないうちに、一日でも早く施術を開始して下さい。  

その方が、早く楽な体調にもどれるので、仕事や、趣味や、家事や、日常生活がスムーズになって、断然、メリットがあって、得策だと思いませんか。

 

諦めないでくださいね。

 

 

きっと、よくなってゆきます。

 一度、お試し下さい。

 

最後に、 

これまで、我が身を振り返らないで頑張ってきたあなたには、ぜひとも、その辛さから脱して体調を取り戻してほしい! 

っと、心底、願いながらエールを送って本稿を終えます。

 

メニュー

初回割引特典

インターネット限定特典/ホームページを見た方には、ホームページ特典として初見料7,000円が今なら6,300円

「痛み・シビレ」専門施術の料金

初回 7,000円が今なら6,300円
2回目以降 6,500円

※料金はすべて税込価格です。

※O脚・小顔・骨盤矯正系・交通事故の施術料金は各ページをご覧ください

 

※当日予約も可能です。 でも、確実にご希望の時間で予約したいという方は、2〜3日前にはご連絡ください。ご予約受付:0836-44-5005 ↑ここをタップ! メールでのお問い合わせ