坐骨神経痛 山口県宇部市 山陽小野田市

zakotu-title.jpg

 
🍀 椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・             
すべり症・脊柱管狭窄症・分離症の改善
 🍀


腰から脚にかけての慢性的なつらさは、そのままで大丈夫?
湿布や痛み止めなどでごまかしていませんか?
早期の改善ができます♪


腰から脚にかけて、下記のような症状を感じたことはありませんか?

♦梅雨時期や寒い季節になると、腰からお尻にかけて、いつもと違う坐骨神経1.jpg感覚はありませんか

♦お尻から太ももにかけて、しびれや痛みがあったり、重だるかったり、腰痛はありませんか

♦イスに座って作業をしていると、腰からお尻にかけて痛みはありませんか

♦バスや電車に乗っていると、太ももに痛みが出たり、腰痛がひどくなりませんか

♦足のすねやふくらはぎに、しびれや痛みはありませんか

♦足裏や足先、かかと、太ももの裏あたりからふくらはぎにかけて、痛みやしびれはありませんか

♦痛み止めがだんだんと効かなくなってはいませんか坐骨神経2.jpg

♦慢性的な腰痛を、痛み止めや湿布などでよくしようとしていませんか

♦立ったり座ったり、歩いたりすると、腰から足にかけてだるさや痛みはありませんか

♦仰向けに寝ると、腰痛やしびれが出たりしませんか

♦病院で、「脊柱管狭窄症」「「椎間板ヘルニア」と診断されたことはありませんか

 
坐骨神経痛と病名はよく耳にするものです。
それだけ、多くの人が慢性的に持病にしているからだと思います。
また、腰椎椎間板ヘルニア・分離症・すべり症・脊柱管狭窄症と言った病気によっても、坐骨神経痛が痛くなって関連深い症状でもあります。

坐骨神経の経路は、腰から出てきますが、その後、お尻・太ももの中央部分を通り
ながら、いくつかに枝分かれして、膝から二股にわかれて、ふくらはぎの中央と、
あしの脛の外側を走った後、足先まで伸びている太くて長い神経です。

坐骨神経痛は、
坐骨神経に沿って痛み/しびれ/重だるさ/脱力感
が出る症状が特徴です。

主に、腰~太ももにかけての負担や筋肉疲労などにより、腰椎関節や骨盤の歪みが
引き起こされてから、これらに坐骨神経が圧迫や伸長されることで発生しています。


下記のような負担をこうむることで、よく発生しています。
○看護師/介護士などの中腰での作業が多い立ち仕事坐骨神経3.jpg
○パソコン業務/事務/運転手などの座りっぱなしの仕事
○サッカー/野球/バレーボールなど脚腰に負担のかかるスポーツ
○腰に負担のかかる妊婦さん、育児中の女性

以上ように、長時間、あるいは、長い期間、腰に負担がかかってくる方に、多く見受けられます。
この様な方に、共通するのですが、
無理をして頑張ってきた方によく発生する症状です。

坐骨神経が圧迫・伸長される具体的な原因としては、下記の➀~⑦がよくあるパターンになっています。坐骨神経4.jpg
したがって、これらの原因を施術によって処置して差し上げることで、早期の回復に導くことが出来ています。
➀骨盤の筋肉(中臀筋、梨状筋など)の硬直
②腰の筋肉(大腰筋、腰方筋、脊柱起立筋など)の硬直
③太ももの筋肉(大腿二頭筋など)の硬直
④腰椎・椎間板ヘルニア(腰部・背骨のクッションが飛び出す状態)
⑤脊柱管狭窄症←(神経の通り道である背骨の脊柱管が狭くなる状態)
⑥腰椎分離症 ←(腰の骨の一部が疲労骨折して分離した状態)
⑦腰椎すべり症 ←(腰の骨がすべってずれた状態)

当院では、上記➀~⑦の原因に対処し施術します。
原因を探しその腰の痛みやしびれ、
重だるさなどのお悩みに対応しています。

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎分離症・腰椎すべり症など、手術が必要なほどの重い状態は、それ程、多くありません。手術が必要なのは、全体の5%にも満たないと言われており、重症のケースでも、それらの手術に踏み切る前に、当院の施術によって、回復してゆくケースもよくあります。

当院の施術では、腰/骨盤/太ももの筋肉のコリ(トリガーポイント)の解消や、
腰椎(腰の骨)や骨盤のズレ・歪みのバランスを取り戻し調整してゆきます。
これによって、つらい痛みやしびれ、重だるさ、脱力感などが改善することも非常に多いのです。

そのうちよくなるだろう・・・と言うのは、放置していることと同じなので、上記の様な原因・症状が改善することはありません。
適切な処置こそが、改善を生みます。


きつい坐骨神経痛の方は、椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・
腰椎分離症・腰椎すべり症・梨状筋症候群などからも
発生しています。

それらは、立っていても、座っていても、さらには寝ていても、痛みが発生します。
また、痛み止めが効きにくい神経痛でもあります。そなると、仕事や家事・子育てなど日常生活にも大きな支障を来します。

これらの痛みの根本原因の一つには、脚や腰に負担がかかる姿勢バランスの崩れがあります。
立ち方/座り方/歩き方/仕事でのカラダの使い方なども、回復を早期にはかるためには、とても、大切です。それらも、必要に応じてアドバイスさせていただきます。

さらには、自分のカラダを日頃からセルフケアできるよう“体操やストレッチの指導”も行っております。

今後も一生付き合っていく大切なカラダだからこそ、
忙しく頑張ってきたあなたのカラダをしっかりと改善して、
メンテナンスしてみませんか?

その場しのぎのやり方では改善することが難しい坐骨神経痛です。
また、きつい坐骨神経痛の方は、椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎分離症・腰椎すべり症・梨状筋症候群などからも発生しています。

きちんと改善したい方は、お早目にご相談くださいね。

最後に、痛い坐骨神経痛を引き起こす病気について、原因や症状をお伝えしてみますね。ご自身の状態と照らし合わせて、ご覧ください。


■腰椎・椎間板ヘルニア
「椎間板」という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか?
腰痛でお悩みの方は、もちろん、耳にしたことがおありでしょうか。
「椎間板」とは、背骨の骨と骨の間にあるクッションと言えるものです。
この役割をする軟部組織の事を「椎間板」といて、背骨の骨と骨の間に必ずあります。
腰の部分の「椎間板」の厚みは、およそ、1センチ近くあります。
その腰椎の骨の間にある椎間板の中には髄核(アンコ餅に例えればアンコのようなもの)と言うものが、中心部分にあります。
この髄核が飛び出すと、神経に触れて、痛みやしびれの原因
になってきます。
この状態が腰椎・椎間板ヘルニアです。
具体的には、下記のような症状が出てきます。

【症状】
腰からお尻、太ももの後面やふくらはぎにかけて、また、足の甲やあしの底に痛みや、痺れが走ってきます。
ひどいときには歩くこともままならなくなったり、足を引きずったり、腰をかがめたままであるいて、痛みを和らげようとします。
症状やその人の健康状態によっては、くしゃみやせきで痛みやしびれがでるケースがあります。

【原因】
若い方は激しいスポーツなどによる無理な負担や荷重がかかることによって、発症するケースが多いです。
中年の方は、日常的に仕事や無意識にとっている姿勢のくせが、長期間にわたって負荷となり、発症してきます。
年配の方々は加齢によって、まず、骨と骨のクッションの働きをする椎間板が固くなることが多いです。

前かがみの姿勢や突発的な腰に負担のかかる動作によって、固くなった椎間板に耐えられる以上の過荷重が掛かってから、亀裂が生じます。
その亀裂から、椎間板の中にある髄核が飛び出て先述のような症状が生じます。


■腰部・脊柱管狭窄症
腰部・脊柱管狭窄症は、人気司会者のみのもんたさんも患いました。
みのもんたさんは、2005年の年末、NHKの紅白歌合戦の司会をされた後、その後、緊急手術をされましたので、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

一般に背骨と言われている脊椎は、一つ一つの骨を椎骨と言って、その椎骨が連なって一つ一つがつなぎ合わさって出来ています。

その椎骨の一つ一つは真ん中に椎孔という穴が一つ開いています。
その穴がつなぎ合わさることで、首の上から腰の下まで、一つの長いトンネルの穴状態になります。
そのトンネルの穴の中を脊柱管という神経のかたまり(脊髄神経)が走って形成されています。

その脊柱管の中に脊髄神経が通っていますが、その脊髄神経は、腰あたりから馬の尻尾のように広がって、
腰から下の各部位へとつながってゆきます。
その馬の尻尾のようにばらけた神経の事を、馬尾神経といっています。

この脊柱管が何らかの原因で狭まり、馬尾神経が圧迫されることによって、下記のようなさまざまな症状が出てくることを腰部脊柱管狭窄症といいます。

【症状】
坐骨神経痛の症状に加え、両足、お尻、股などにしびれ、痛み、灼熱感、足の脱力感も感じはじめます。
また、「間欠は行」と言って、少し歩いたら足がしびれて歩けなくなる→少し休んだらよくなると言う状態を繰り返す歩き方になります。


■変形性脊椎症
背骨には骨と骨の間にクッションの役割をする「椎間板」という軟部組織があります。
それの椎間板が加齢や腰椎に負担のかかる前かがみ姿勢などにより薄くなり、椎骨にとげの様な骨(骨棘)が出来あがってしまい、その骨棘が神経にふれて様々な症状が出ることになります。

【症状】
坐骨神経痛の症状に加え、腰が重だるく感じたり、夜の寝返りや朝起きた時、
少しの動作だけでもびりっとするような痛みやシビレが走ります。


■脊椎分離症、脊椎すべり症
先に説明した椎体には恐竜の背中のようなとげの形をした骨があります。
その骨の根元(関節突起間部)が10代、20代頃の過度なスポーツにより断裂することを脊椎分離症と言います。過度なスポーツを継続している間に、疲労骨折の様な状態となるとも考えられています。
また、その疲労骨折のように断裂した椎体のすぐ下の椎間板の組織が固くなったり変性を起こして弾力性を失ってゆきます。
その結果、荷重や負担に持ちこたえられなくなって、椎骨の本体の部分である椎体が前方に滑り出すことを脊椎すべり症といいます。
滑り出した椎骨によって周りの靭帯や神経の損傷が起こるので、
下記の症状を感じることになります。

【症状】
坐骨神経痛の症状に加えて、太ももの裏側が緊張して硬くなり、足を真っ直ぐに上げにくくなります。
「間欠は行」と言って、少し歩いたら足がしびれて歩けなくなる→少し休んだらよくなると言う状態を繰り返す歩き方になります。


■急性腰痛
いわゆる「ぎっくり腰」と言われる症状です。

海外では「魔女の一撃」と比喩されるくらいの強い症状で、原因もまだ未解明な所が多いですが、腰椎と腰椎の間のねん挫や、仙骨と腸骨と言う骨盤の関節のねん挫が原因で、そのねん挫に伴った症状が出現している事が多いと思われます。

実際に、急性期の椎間板ヘルニアのケースにみられる腰椎間のねん挫の状態や、硬くなった筋肉や軟部組織、 靭帯が「何らかの衝撃」で損傷(キズ)を受けて激しい痛みにつながっています。

ここで言う「何らかの衝撃」とは、日常生活でよく体験していることですが、例えば、くしゃみや、せき、トイレでしゃがみ込む中腰の姿勢、シャンプーするときに前にかがんだ瞬間、うがいしてその水を口から出すときの動作、スポーツの前の準備体操中、準備運動もしないままスポーツを始めたときの動作などのケースのように、ご自分では、普段していると思われるちょっとした動作が、弱っていたり、歪みを抱えたままの腰の関節に、その衝撃がきっかけとなって小さな断裂が入り、激しい痛みにつながっている様子です。

また、ぎっくり腰になる方々を観察してみると、その共通点は日常生活の中で同じ姿勢を長い時間や期間、とっていることが多いです。

同一姿勢である一定時間や期間いることが多い事によって、
それ分だけ筋肉を動かさない状態を続けることになります。

そして、その分だけ、筋肉は硬くなりやすく、硬くなった筋肉はしばらく放置してカチカチになった輪ゴムが切れやすいのと同様に、なんでもない衝撃で切れやすくなってしまいます。

【症状】
上記の様に、少し体を動かすくらいの動作でも激痛が走ったり、ひどいときは、その姿勢のままその場で動けなくなり、歩くにも歩けなくなってしまいます。

また、なんとか、歩けるとしても、痛みがの残ってしまって、座ることも、足を曲げることも、
寝返りを打つことも、ベットから起き上がることさえ辛くてできなくなってしまいます。



■梨状筋症候群
梨状筋と言うお尻にある筋肉をご存知でしょうか?

この筋は、仙骨と大腿骨の上の部分をつなぐ筋肉です。
この筋肉は、洋ナシの形をした様子から、梨状筋と言う名称がついています。

梨状筋症候群は、坐骨神経が、
この梨状筋の中心部分から皮膚の下に出てくるところで、
圧迫を受けることによって、発症してきます。

その症状は坐骨神経痛と同じような痛み、しびれとなって表れるため、お尻から太ももふくらはぎや足の甲・足底部の辛さとなって感じてきて厄介です。

 

yorokobi1.jpg

  

kansou-zakotu2.jpg
 

kansou-henkeikosi1.jpg

  

腰痛の関連記事

 

整体の流れ

流れ1.jpg

 ご来院後 ã€

 カウンセリング・シートを書いていただきます♪

 

 

流れ2.jpg

 ご記入されたカウンセリング・シートを見ながら、

 詳しい内容を質問していきます♪

 

 

 æµã‚Œ3.jpg èº«ä½“バランスや歪みを検査中

 カラダのズレを診ますよ~♪

 

 

 

流れ4.jpg上半身の動きを診てみましょう~ね

 

 

 

流れ5.jpg質問と検査に基づいて施術開始♪

 

 

 

流れ6.jpgリラックス♪ できる施術です♪

 

 

 

流れ7.jpg  ã€æ–½è¡“後】カラダも心も軽~く!!

 素敵な 笑・顔・美・人 に♪

 

 

   zakotufukidasi.png

特徴 その1

カラダを見れば、あなたのどこを施術すれば、回復してゆくのか分かる。

当院では、局所の症状 と 根本原因 の両方面からチェック!しています。

zutukata07.jpgこのような「局所の症状」であるコリや痛み、だるさ、重さの原因となっている筋肉のコリ 自体(トリガーポイント)と骨格の歪みとして表れる「根本原因」の両方を改善してゆくことを第一に考えて施術を行っています。

さらに、頭痛、肩こり、首の痛みが出にくいカラダを維持するために必要な対策として、「姿勢の改善」や「体操の指導」も行って、早期の回復とその後の日々の快適な生活が長く送れるように指導しています。

特徴 その2

倦まず弛まず、日々、施術の技術力をアップ!

毎月の学会では、講師として指導役を務めています (^^♪

zutukata08.jpg当院では、人体解剖学・生理学の知識と、整体・鍼灸の施術の技術力のブラッシュアップに余念がありあません。

毎月、学会(東京・大阪・福岡)で、講師としても参加しながら、技術を探究しています。

今のレベルに満足することはありません。

施術の技術力をアップさせてゆくことで、最善なる施術をあなたに用いて、早期の回復につなげています。

特徴 その3 

どこが、あなたの痛み・シビレ・お辛さの原因なのか?が分かる検査とその原因に対する施術だからこそ回復に導くことができる

zutukata10.jpg

いつまでも、ツライ症状を一人で抱え込まないで欲しいです。

zutukata11.jpg当院は、あなたの本来のカラダがよみがえり、体も心もスッキリ!できる施術を提供しています。

以前の元気なあなたを取り戻していただけるよう、当院は、本気で、お手伝いさせていただきます。

 

宇部市・山陽小野田市 小山整骨院 のご案内

施術料金      宇部市 山陽小野田市 小山整骨院

↓ この様な方に おススメです ↓

□長年の慢性症の辛さを改善したい方!(慢性の辛さ)

□寝違いなど急に、首・肩・頭・背中に痛みが出た方(急性の痛み)

□痛みや不調で仕事・家事に集中できない方

□数カ所行ってみたけれど、なかなか改善されない方

□毎日を楽しく元気に暮らしたいい方

初回割引特典

インターネット限定特典/ホームページを見た方には、ホームページ特典として初見料7,000円が今なら6,300円

「痛み・シビレ」専門施術の料金

初回 7,000円が今なら6,300円に
2回目以降 6,500円

※料金はすべて税込価格です。

※O脚・小顔・骨盤矯正系・交通事故の施術料金は各ページをご覧ください

 

 

施術を受けるとzutukata22.gif

zutukata23.gif苦しんだのは過去のモノ。すっかり忘れて、エネルギッシュな毎日が過ごせます。

zutukata23.gif毎日の痛み・辛さの調子に、一喜一憂する必要が無くなります。

zutukata23.gif痛みで眠れない夜と、サヨナラできます。グッスリ眠れます。

zutukata23.gif仕事に支障が無くなって、生産性が上がります。

zutukata23.gifスポーツや趣味で、これまでとは違った積極的な行動がとれます。

zutukata23.gif「何か、よい施術法が無いか?」 と、探し回るのは、もう、終わりです。

 

カラダが思い通りに動ける喜びと 「当たり前」の幸せを手にしましょう。

 

完全予約制     宇部市 山陽小野田市 小山整骨院

当院は完全予約制です。 飛び込みで来院されましても、予約を取って頂くことになります。

電話での「当日予約」も受け付けております通常、施術時間は目安として50~60分、カウンセリング・検査などが入りますので、 来院されてから帰られるまで90~120分・・・

■ホームページを見た

■ 予約したい

・・・とおっしゃってください。

 â—‹ã€€ã‚なたのお困りの痛みや違和感

○ ご予約希望の日時

○ ご連絡先電話番号(携帯電話等)

○ お名前

・・・をおうかがいします。よろしくお願いいたします。 

 

交通アクセス   宇部市 山陽小野田市 小山整骨院

小山整骨院と駐車場正面から撮影した当院です。

グリーン色の外観が目印です。

お車も20台、駐車可。

常に、駐車が楽にできます。



〒759-0206 山口県宇部市東須惠2946-7 (通称:厚南区第一原)
*整骨院の斜め前には、広い駐車場のセブンイレブンがあります。

 


大きな地図で見る

お車・電車・バスを利用するルート・道順を写真入りで説明しています。

「小山整骨院」への行き方を、お越しになる方面・ルートに合わせてご覧になって下さいね。

下記の関連する記事: の各方面をクリックして頂くと、ルート・道順ごとに写真付きで案内があります。

  関連する記事:車のケースは、下記をクリック!  

 

※県外や、宇部市・山陽小野田市以外の市町村(美祢市‣長門市・萩市・下関市・山口市・防府市など)からお越しの方は、グーグル・マップ(上記)の広い範囲を指定して、ご覧ください。

 

※道順がご不安な方は、 

ご遠慮なく、お電話(0836-44-5005)くださいね。

  

関連する記事:電車やバスをご利用の方は、下記をクリック! 

 

追伸、     宇部市 山陽小野田市 小山整骨院

 ã“こまで、お読みになったあなたは、偉い!と思います。 

ご自分のカラダの事を真剣にとらえて改善してゆきたいと心から感じているからこそ、当院のホームページに出会って、こちらの 【症状別対策:当院が得意とする症状】 ページにたどり着いたのだと思います。 

そんなあなたには、ぜひとも、その辛さから脱して体調を取り戻してほしいです。

 ãã‚“な私の願いを反映したものが、ここの項に書き込んだ内容です。

 ç—›ã¿ã‚„コリ感といった不快な症状は、燃え始めた 「火事」 と一緒なんです! zutukata26.jpg

燃え始めた 「火事」 も、そのまま放置しておくと、燃え広がってゆきますよね。 

そして、挙句の果てには、建物も崩れ落ちてゆきます。

あなたの 「カラダ」 が、 「今!マズ~イ」 状況になっていると、少しでも、感じていたら、あなたの 「カラダ」 が、「火事」 で崩れ落ちてゆく建物と同じ羽目にならないうちに、一日でも早く施術を開始して下さい。  

その方が、早く楽な体調にもどれるので、仕事や、趣味や、家事や、日常生活がスムーズになって、断然、メリットがあって、得策だと思いませんか。

 

諦めないでくださいね。

 

 

きっと、よくなってゆきます。

 ä¸€åº¦ã€ãŠè©¦ã—下さい。

 

最後に、 

これまで、我が身を振り返らないで頑張ってきたあなたには、ぜひとも、その辛さから脱して体調を取り戻してほしい! 

っと、心底、願いながらエールを送って本稿を終えます。

 

メニュー

初回割引特典

インターネット限定特典/ホームページを見た方には、ホームページ特典として初見料7,000円が今なら6,300円

「痛み・シビレ」専門施術の料金

初回 7,000円が今なら6,300円に
2回目以降 6,500円

※料金はすべて税込価格です。

※O脚・小顔・骨盤矯正系・交通事故の施術料金は各ページをご覧ください

 

※当日予約も可能です。 でも、確実にご希望の時間で予約したいという方は、2〜3日前にはご連絡ください。ご予約受付:0836-44-5005 ↑ここをタップ! メールでのお問い合わせ