乳腺炎 山口県宇部市 山陽小野田市:当院の施術について

貴女が「乳腺炎」の辛い症状から解放されるために、次の目次に沿って、ご案内してゆきますので、順番にご覧下さい。

●女性の痛い、だるい、重たい・・・。体のサインは、いつまでも続く警報器
 女性はなぜ、乳腺炎などの婦人病になるのでしょうか?その理由をごく簡単にのべれば、「生まれつき持っている体のバランスがくずれる」からです。バランスがくずれる原因は心身のストレスにほかなりません。不自然な恰好が習慣化し、肉体的ストレスがかかりすぎると、骨盤と背骨のゆがみから骨と関連する内臓や神経もゆがみ、不快症状があらわれるようになります。また、精神的なストレスが大きすぎると、血流やリンパ液の流れが滞って内臓にも悪影響が及びます。心がゆがむと自然とうなだれたような姿勢になり、体のゆがみが連動して起こる、ということもあります。こうして心身の調和がくずれるほど、自力で病気と戦う自然治癒力も低下し、ついに病気になるのです。
 病気を回避するには、「ゆがみのサイン」=「病気のサイン」をできるだけ早くキャッチすること。これしかありません。
 たとえば、冷え性、尿もれ、生理の異常などは、立派なサイン。「慢性病だから」とかなどといって軽視すると、時間とともにゆがみが拡大し、大病することになりかねません。

●「骨盤・背骨のゆがみは毎日進んでいる」ことを忘れないで下さい
 何気ない「日常の姿勢」が、骨盤・背骨のゆがみをじわじわと進行させる可能性があるのです。
 アンバランスな姿勢は総じてバツ。背骨は横から見るとS字がふたつ連なったようなカーブを描いていますが、立っているときも、歩いているときも、座っているときも、このカーブを維持する姿勢を保つことが原則です。デスクでパソコンに向かっているときなど、つい画面に顔を近づけようとして猫背になったり、逆に反り返ったりしがちですよね。
 さらに、同じ姿勢を長く続けると、それだけでゆがみの原因になります。座り仕事、立ち仕事が多かったり、一方の手足ばかり使うケースは要注意。誤った姿勢は意識的に改善し、日頃から体をバランスよく動かすことが、ゆがみにストップをかける早道なのです。

●概略
 授乳中の女性によく起こる病気で、乳房が炎症し、腫れたり痛んだりします。
 授乳で乳首が傷ついたり、生まれたばかりの赤ちゃんは吸う力が弱く、乳汁が乳腺にたまってしまったりなどで、細菌感染がおこるものです。乳腺炎には、急性のものと慢性のものがあります。

 急性乳腺炎には、出産した後母乳が乳腺にたまってしまい、炎症が起きてしまう「急性うっ滞性乳腺炎」と、乳腺が細菌感染して激しい炎症が起きてしまう「急性化膿性乳腺炎」があります。ほとんどは急性うっ滞性乳腺炎です。
 
 慢性乳腺炎は、慢性化した症状や乳管乳頭の形成不完全に起因するものがあります。

●原因
 急性うっ滞性乳腺炎は、乳汁がたくさん作られる出産後に起こりやすい乳腺炎です。赤ちゃんが十分に母乳を吸うことができなかったり、乳管が十分に開いていなかったりして、乳腺内に乳汁がたまっておこります。授乳期の母乳の分泌量が赤ちゃんの飲む量より多いことも原因になっています。
 急性化膿性乳腺炎は、生後一カ月以降の赤ちゃんに授乳している母親に発症します。赤ちゃんの乳歯により母親の乳頭や乳輪に細かな傷が生じ、口の中の細菌(黄色ブドウ球菌、連鎖球菌など)が侵入し、感染します。
 慢性乳腺炎は、急性の乳腺炎が授乳期に起こるのに対して、授乳の有無を問わず、更年期以降などにも発症します。急性化膿性乳腺炎が完治しないまま慢性化し、乳腺内に生き残った細菌が膿瘍を作り出して、炎症による排膿を繰り返します。陥没乳頭など、乳頭や乳管の形成不全も関係しています。

●症状
■急性うっ滞性乳腺炎
 母乳の出が悪くなり、乳腺内に乳汁がたまって、乳房全体が赤く腫れて張ったような感じになます。痛みはありますが、発熱や悪寒はありません。ひどくなると、寒気やふるえを伴い、発熱があります。

■急性化膿性乳腺炎
 乳腺感染症のなかでもっとも症状が激しく、乳房やわきの下のリンパ腺が腫れて、しこりができ、強い痛みを生じます。寒気やふるえも伴い、38~40℃の高熱が出ます。さらに炎症が進むと、化膿して膿瘍ができ、乳汁に血液やうみが混じることもあります。特にうっ滞性乳腺炎をおこしていると、細菌に感染しやすいので、気を付けないといけません。

■慢性乳腺炎
 痛みやほてりなどの症状はありませんが、乳房全体か一部にしこりがみられます。その影響でリンパ節が腫れることもあります。乳輪付近からうみが出ることが、何回か繰り返されます。

●診断
■急性うっ滞性乳腺炎
 授乳期であること、赤ちゃんの母乳を飲む量が少ないことを確認します。ときには授乳期の乳がんが疑われる可能性もあり、診断が難しいときには超音波で検査し、乳腺全体を観察します。

■急性化膿性乳腺炎
 血液や超音波の検査によって診断します。そして、細胞の検査で乳腺炎とまぎらわしい「炎症性乳がん」でないことを確認します。

■慢性乳腺炎
 陥没乳頭などの症状により診断します。そして、超音波検査、マンモグラフィや細胞の検査などを行い、乳がんでないことを確認します。

●施術
■急性うっ滞性乳腺炎
 まず発熱をともなう急性化膿性乳腺炎であるかどうかの確認をします。急性うっ滞性乳腺炎であれば、乳腺内にたまった乳汁を根気強く出していかないといけません。そのためには、乳管が開くように乳房全体を温めてマッサージをすると効果的です。マッサージの方法は看護師や助産師から指導を受けることもできます。それでもたまる場合は、搾乳器などを利用して絞り出すとよいでしょう。乳汁の出を抑えるには冷湿布が効果的です。また、乳汁分泌抑制剤を使用して分泌量を調整することもできます。

■急性化膿性乳腺炎
 まず炎症を抑えるために、乳房を湿布や氷のうで冷やします。炎症だけのときは抗生物質や鎮痛剤でよくなりますが、膿瘍ができた場合は、乳房を切開してうみを取り出します。授乳は一時中止します。

■慢性乳腺炎
 急性化膿性乳腺炎が慢性化したものは、一時的な炎症を抑えるために抗生物質を用います。閉経期に起こった場合は、乳がんではないと診断されれば、特に施術は必要ありません。再発を繰り返すようであれば、切開して膿瘍を取り出すことがあります。

●日常生活の注意点
 どの乳腺炎でも、まず細菌感染を防止することにつとめましょう。乳房と乳頭を清浄綿などできれに拭いて、いつも清潔な状態にしておくことが大切です。
 行き過ぎたマッサージは、症状を悪くしてしまう可能性があるので、医師からの指導を受け、適切な方法で行っていきます。また、授乳期では、十分な水分や栄養補給、体を休めることを心がけましょう。
 急性うっ滞性乳腺炎の場合は、赤ちゃんの乳頭への吸いつき方に気を付けるとよいでしょう。吸う角度をときどき変えるなど、工夫しながら授乳すると乳汁が詰まりにくくなります。

●体形に個性があるように、体(骨盤・背骨)のゆがみにも個性が表れて、体調を崩してしまいます
 どうすれば「体のゆがみ」を解消できるのでしょうか?
 人の体型には法則性があり、動き方のクセによって12種類に分類できます。それが、身体均整法の理論から生まれた「12種体型」なのです。
 身体均整法は亀井進氏が考案した手技療法で、50年以上の歴史があります。整体とは異なり、「頸椎○番」「胸椎○番」など1点の骨に狙いを定めてアタックし、他の部位にも効果を広げていきます。自分でできる矯正法が確立されているのも、大きな特徴です。
 亀井氏は長年の研究と経験から、体型によって運動時に背骨にかかる重心の位置が違うことに着目。動きの支点となる背骨の部位と動き方は、体型と深くかかわっているのです。
 たとえば、胴長体型のAさんと、下半身デブが気になるBさんでは、みなさんの体型の違いから動作が変わり、背骨や筋肉の動かし方から、重心の位置が変わります。次に重心となる骨が疲労します。そこからゆがみが生じ、骨と通じている神経や、神経に支配される婦人科系や内臓が弱るといった悪循環が起こってくるのです。
 「ゆがみ」と聞くとドキッとしませんか。ほとんどの人は、体型にともなう運動のクセでどこかにゆがみが生じています。そのゆがみ方がひどくなると、全体のバランスがくずれ、心身に不調が起こるのです。実は、その辛い生理痛、冷え性等の婦人科症状も、ゆがみが大きな原因となります。そのままにしておくと、悪化の一途をたどってしまいます。
 骨盤・背骨のゆがみを矯正することが、健康への第一歩となります。その上で、ツボへの刺激も組み合わせで効果を上げてゆきます。

●骨盤・子宮・卵巣を中心に、カラダを深く知ってゆがみを直す、「婦人科症状のための整体」
 普通の整体やマッサージは、肩こりならこの手法、腰痛ならこの手法というように、誰に対しても同じような手順で施術が行なわれます。でも当院では、体のゆがみ=「背骨のゆがみ」「骨盤のゆがみ」や「各関節のズレ」「靭帯・腹膜の緊張感」から人の体型を分類し、体型に応じた手技療法を行ないます。つまり、あなただけにあった「ゆがみ」調整法です。あなたの体の悩みを解決できる、辛くなったあなたの体にとって、唯一無二の調整法を提供しています。

乳腺炎でお悩みの方は、ぜひ一度、ご相談くださいね。

 

メニュー

初回割引特典

インターネット限定特典/ホームページを見た方には、ホームページ特典として初見料7,000円が今なら6,300円

「痛み・シビレ」専門施術の料金

初回 7,000円が今なら6,300円
2回目以降 6,500円

※料金はすべて税込価格です。

※O脚・小顔・骨盤矯正系・交通事故の施術料金は各ページをご覧ください

 

※当日予約も可能です。 でも、確実にご希望の時間で予約したいという方は、2〜3日前にはご連絡ください。ご予約受付:0836-44-5005 ↑ここをタップ! メールでのお問い合わせ