外反母趾

外反母趾

概略

外反母趾の起こる原因は、はっきりと分かっていませんが体質的な要因のほか、加齢による足の筋力の低下や、関節が硬くなることで足を支えるアーチのバランスが崩れることも原因の1つと考えられます。

よく、ハイヒールの影響と思っている人も多いようです。

確かにハイヒールを履くと、つま先に足が押し込まれて親指が小指側に曲がった状態になります。

さらに体重をつま先で支えることになり親指の付け根が圧迫されてしまいます。

ハイヒールを履くことで痛みが起き、外反母趾を進行させることが多いと考えられます。

症状

足の親指の付け根の関節が、その名のとおり小指側に曲がって痛みます。

初めは親指の付け根が少し小指側に曲がり靴で圧迫され赤くはれ痛みが出ます。

他の指への影響はありません。

 

症状がすすむと、親指の付け根の関節がさらに曲がり、隣の第2趾を圧迫するようになり第2~4趾の付け根の裏あたりに、「たこ」ができ痛みます。

さらに進行すると痛みの他、親指が第2趾に重なり第2趾の付け根の関節が脱臼したり指先が靴の中でこすれ潰瘍ができたりするようになります。

病院での処置

痛みやほかの指への圧迫を感じたときには早めに受診しましょう。

病院では足の親指の付け根の曲がりを測定します。外反母趾角が20度以上の時には外反母趾と診断されます。

施術方法には、運動療法、装具療法、手術療法があります。

・運動療法

足の関節を柔らかくする体操や、筋力を鍛える体操をします。

これらの体操で進行を遅らせ痛みの症状を軽減させます。

・装具療法

外反母趾で痛みのあるときには体を支える足のアーチがバランスを崩しています。

バランスを整える装置が足底板です。

ハイヒールには使えませんが、足底板を靴の中敷きのように使い、崩れているアーチを補正します。

足底板は整形外科でその人に合ったものをつくります。

・手術療法

最終手段として、変形した関節を本来の形に戻す手術が検討されます。

親指の骨を切り、ずれた軸を元に戻します。

医療機関により多少の違いはありますが、入院期間は5~6日間です。

手術後1ヶ月程度で普通に歩けるようになります。

 

自分で気をつけること

・幅の広すぎる靴はさける

親指の付け根の出っ張りに合わせ靴を選ぶと幅が広すぎて足が靴の中で動くことにより症状を悪化させてしまいます。

足の幅に合った靴を選び、出っ張りの部分は靴店で器具を使って広げてもらいましょう。

家庭用の器具も市販されています。

・足に合う靴選び

親指の付け根が少し曲がっていても痛みがなく他の指に影響がないときには特に問題はありません。

外反母趾の進行予防には、次の1~3に注意し、足に合った靴で指を圧迫しないようにすることが大切です。

1・ヒールの高さは5cm以内

出来れば3cm以内にしましょう。

どうしても高いヒールを履かないといけないときには、その場所についてから履きかえるようにしましょう。

2・立った状態で指の曲げ伸ばしができる

靴の中で指が動かせる余裕のあるものを選びましょう。

3・全体にきつすぎず、緩すぎず、かかとが合ったものを

歩いたときにかかとが脱げないものを選びましょう。