むち打ちの痛み 山口県宇部市 山陽小野田市

「むち打ち」の痛み(めまい・吐き気・首痛・頭痛・背部痛・肩こり・腰痛・膝痛・肘痛など)の症状について。

むちうち症は、急性的な痛みと慢性的な痛みに分けられます。そして、衝撃の度合いの強弱によっても痛みは異なります。しかし、むち打ち症の痛みは衝撃の強弱の度合いに比例して大きくなったり小さくなったり変化するものでもありません。

急性的なむち打ち症の痛みでも、時には外部からの衝撃後すぐに痛みを感じないこともあります。その場合でも、ただちに病院に行き、レントゲン・CT・MRIの検査をしてもらい、骨折やヒビなどの重大な負傷が隠れてないかを診断してもらうことをお勧めします。

CT・MRI・レントゲン検査などによって「異常なし」と言われた場合でも、受傷後速やかに、事故の衝撃で歪んだ首の骨などを整体により正確に調整することで、その後の後遺症を少なくし、早期に回復するために最も重要なポイントです。

当院の整体は、正確で無痛の調整です。急性期で痛みがあっても事故当日から調整が可能です。早く始めれば始めるほど辛さが少なくてすみます。

もしレントゲン・CT・MRI検査で「異常なし」とされたとしても、急性症状としての発赤・腫れ感・吐き気を感じます。

慢性的なむち打ち症の痛みは、「数日~数週間」経ってから、痛み出すというところが特徴と言えます。

むち打ち症が引き起こす代表的な症状としては、頸椎捻挫・頚部周辺の痛み・頭痛(吐き気)等々があります。もちろん、交通事故にも様々な要因があるように、」交通事故によって引き起こされたむち打ち症の損傷部位や、損傷の状態も一定ではありません。

実際の損傷の筋群・椎間板・椎間関節・後根神経痛など、様々な損傷の部位と状態があるのです。そのため、「数日~数週間」経ってから、痛みが出ることもしばしばです。

そのため、背骨と背骨の間の関節で骨がズレる部分の施術と調整が重要になってきます。

なぜなら、事故の衝撃によりズレた骨が、徐々に周囲の神経を圧迫し、痛みを引き起こしてくるからです。

あなたは、自律神経という神経の名称をご存知だと思います。実は、この自律神経もむち打ち症状に大きな影響を及ぼします。元々この自律神経は、内分泌系とともに、私たちが生きてゆくための自律的なからだを調節している神経系です。

自律神経が関係するのは、呼吸・心臓の動き・消化作用・体温の調節など意識され副交感神経があって同じ器官に対して、互いに反対に作用をして、バランスよく働きを調節します。

むち打ち症における慢性化した痛みや他の症状が、自律神経に作用して、2つの自律神経(交換神経と副交感神経)のバランスが崩れることによって、より症状の悪化をまねくことがあります。痛みや症状の悪化という負のスパイラルに陥らないためにも、できるだけ早期の整体施術が必要です。

当院では自律神経のバランスを整えて、交通事故の衝撃で歪んでしまった骨や関節の調整を行います。

むち打ち症の早期回復と後遺症の発症を最小限にするために他院にはない整体の施術を行なっています。もちろん、当院の整体施術は、ソフトでボキボキといった強い圧力や刺激は与えないで行っています。

 

メニュー

初回割引特典

インターネット限定特典/ホームページを見た方には、ホームページ特典として初見料7,000円が今なら6,300円

「痛み・シビレ」専門施術の料金

初回 7,000円が今なら6,300円
2回目以降 6,500円

※料金はすべて税込価格です。

※O脚・小顔・骨盤矯正系・交通事故の施術料金は各ページをご覧ください

 

※当日予約も可能です。 でも、確実にご希望の時間で予約したいという方は、2〜3日前にはご連絡ください。ご予約受付:0836-44-5005 ↑ここをタップ! メールでのお問い合わせ