顎関節症が少しずつよい方向へ。今では大好きな硬いものを少しずつ口に入れることができます。

アンケート用紙

Q1.どんな事で悩まれてましたか?
顎関節症で、H28.8頃より痛み始め、ついには柔らかい魚やおかゆさえ痛くて、ゆっくり数回噛んで流し込むような状態でした。(※痛み止めさえ効かない状態でした)

Q2.当院をお知りになったきっかけは?
わらをもすがる思いで顎関節症をネットで検索。貴院をしりました。

Q3.ご利用するにあたり、躊躇したことは?
迷いはありませんでした。

Q4.それをどう解消しましたか?

Q5.ご利用した「決め手」は何ですか?
ネットの内容を何度も読み、自分で納得。主人にもその事を話し、理解を得られたので。

Q6.施術を受けられていかがでしたか?
ていねいな説明、わかりやすく、少しずつよい方向へ。今では大好きな硬い物を、少しずつ、少しずつ口に入れることができ、自分の身体に気を配るようになりました。

Q7.ご来院される方へのメッセージをお願いします。
病みや身体の不調を感じられたら、まずは施術説明を受け、納得されたら、ぜひ来院をお勧めします。私は、身体の長年の悲鳴をから元気で見過ごしていたことを気づかせてもらいました。

美祢市 60代 女性 田中 京子 様

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

先生の説明に納得して、顎の痛みは3回施術したところでウソのように改善へ向かいました。 お客様写真
顎の痛みが4~5回の施術で和らぎました。 お客様写真
顎の痛みが快方へ向かいました。顎の調子が悪いと手首の痛みへつながることもわかりました。 お客様写真