膝の痛み・変形性膝関節症 山口県宇部市 山陽小野田市

hiza-title.jpg

 

小山整骨院は、関節の専門性を生かした独自の施術ができるので、加齢からくる膝の変形に伴って発症する痛み・辛さに対する施術は得意とする疾患の一つです。
 

「運動療法」は、得策なのでしょうか?
変形性膝関節症を改善する一つの方法として、「運動する」ことがあげられます。

しかし、今のあなたの膝の炎症や痛みを抱えながら、「運動する」ことは、果たして、適切でしょうか?
「運動する」こと適切だったとしても、どの程度の負荷をかけるのが適切でしょうか?

小山整骨院では、変形性膝関節症に対する施術とともに、あなたの膝の痛み、変形の具合や体力・筋力に合わせたリハビリのアドバイスも提供しています。

施術と適切な運動の時期・度合いによって、相乗効果を生み出し、今まで治らなくて難儀をしていた変形性膝関節症が改善してゆきます。

膝の痛みをなんとかしたいと願いながら色々と試してみても、なかなか改善が難しくなってくると、手術の手立てしかなくなります。

そうならないためにも、痛みでお困りの方は、当院独自の考え方や施術の内容を本稿の記事にしています。参考にして下さい。
 

好発する年齢
 50歳以上~、60歳を越えると年齢を重ねるごとに変形と痛みを訴える患者数は増加します。

現在、変形性膝関節症の患者数は700~1000万人、と言われています。
また、東京大学医学部研究によると、レントゲン検査で関節の狭小が認められる変形性膝関節症の予備軍は約4000万人という人数にものぼります。
 

原因と言われている要因
変形性膝関節症で発症の要因となるのは、主に下記の3つです。
 1.膝の筋力の低下
 2.
加齢
 3.
肥満

これらがきっかけになって、関節の中の軟骨や半月板に過度の荷重がかかることで、痛みを感じるようになります。
軟骨や半月板は膝の関節の中のクッションの働きをしていますが、その働きが思うように効かなくなって、痛みを感じるようになります。

まず、変形性膝関節症で発症の要因となる上記の3つ(1.膝の筋力の低下 2.加齢 3.肥満)について、解説してゆきます。

そのあと、当院独自の考え方について説明してゆきます。
 

1.膝の筋力の低下
階段を昇り降りする時に、膝にかかってく荷重はどれほどあるのか?ご存知でしょうか?

体重(キロ) x 6倍 = 階段を昇り降りする時に膝にかかってくる荷重

上記の計算で、あなたの膝に掛かってくる荷重(キロ)がわかります。
例えば、
体重が、50キロ の人のケースでは・・・
50 キロ  x 6倍  = 300 キロ
300 キロ の荷重と言うと、「ドラム缶 x 1本半」 分の水の重さに相当します。

さらに、体重が、70キロ の人のケースでは・・・
70 キロ  x 6倍  = 420 キロ
300 キロ の荷重と言うと、「ドラム缶 x 2本」 分の水の重さに相当します。

二足歩行をする私たちは、歩いたり、立ち上がったり、階段を昇り降りしたりするときに、必ず、両方の膝で体重を支えているのが日常です。
また、さらに、体重以上に何倍もの大きな荷重が膝に掛かってきながら体を支えている実情があります。

膝への荷重を軽くする働き
この様な日常生活での大きな荷重を軽くしてくれる働きもあります。
その働きをしてくれるのが、下記の様な膝の周りの主な筋肉たちです。
 1.大腿四頭筋
 2.
大腿二頭筋
 3.
内転筋
 4.
大腿筋膜張筋

これらの筋肉は、正常に働いてくれていれば、その強力な筋力によって、左右の膝への負担は和らげられます。

逆に、これらの筋肉が弱ってくると、膝の関節にかかる荷重が増えてゆきます。
その結果、関節の中の軟骨や関節の内側と外側の靭帯にかかる荷重も大きくなってゆきます。

この荷重の大きさも、前述した計算のとおり、想像してしたものよりもとても大きいキロ数(ドラム缶1本以上)となってきます。

その荷重や負担が、上と下の骨の間の軟骨同士の摩擦を大きくしてぶつかり合い、軟骨もすり減ります。
また、内側と外側の靭帯にも大きな荷重が繰り返されるので炎症してきます。

この様にして、軟骨のすり減りや靭帯の炎症が、膝の骨を変形させてゆくのです。
これが最初の発端になります。
最初は軟骨のすり減り方や靭帯の炎症は軽微でも、早ければ1か月間、3か月間、の期間でも、変形は進みます。
炎症が気付かないうちに慢性化すれば、半年間、1年間~3年間~数年間のうちに、大きな変形となってくるので、痛みのために、歩行することや立った座ったりすることが辛くなります
 

2.加齢
正常な状態は、骨と骨がぶつかり合わないような関節面

正常な関節面は、固い骨と骨が直接ぶつかり合わないように、軟骨が骨を覆って守ってくれています。
軟骨は骨よりも柔らかいのでクッションの働きをしてくれて、固い骨どうしの衝撃を回避してくれています。

その他、関節包(カンセツホウ)が、上の骨(大腿骨)と下の骨(脛骨)を袋状に包んでくれています。
その中には関節液が満たされています。
その関節液はゼリー状の液体で、ヒアルロン酸などを含んでいます。
これも荷重を緩和してくれています。

この様に、クッションの働きをする軟骨と緩衝液の役割をする関節液によって、上の骨と下の骨との間に隙間が保たれて、通常では、上の骨と下の骨がぶつかってすり合うことは起こりません。

加齢に伴う不具合はどのようにして起こるのか?
しかし、年齢を重ねるごとに、軟骨にも関節液にも、不具合が生じてきます。
2足歩行を50年間~60年間以上もしていると、膝にかかる荷重による負担が積り重なってくるので、膝の痛み・不具合を感じていない人たちでも、レントゲン撮影をすると、若いころに比べて、膝の関節の隙間が狭くなっている人たちがほとんどです。

歳(加齢)とともに、若い頃の関節内に満たされていた豊富なゼリーのような関節液が、減ってゆき、上の骨と下の骨との間で隙間が狭くなって、軟骨同士がぶつかったりこすれ合う力が増えるようになります。
この状態の結果、歳(加齢)を重ねるごとに、軟骨はすり減ってゆき、慢性的な炎症(赤く腫れて熱感)の状態によっても、骨自体の変形(変形性膝関節)が引き起こされてゆきます。
 

3.肥満
体重(キロ) x 6倍 = 階段を昇り降りする時に膝にかかってくる荷重

上記の計算式で、階段を昇り降りする時、あなたの膝に掛かってくる荷重(キロ)がわかることは、前述したとおりです。

1キロ 体重が増えたケースでは・・・?
1 キロ  x 6 倍 =  6 キロ
※6キロもの負担増加

5キロ 体重が増えたケースでは・・・?
5 キロ  x 6 倍 =  30 キロ
※30キロもの負担増加

逆に、1キロ 体重が減ったら、6キロもの負担が軽減されることになりますね。
しかし、変形性膝関節症で痛みを抱えながら、体重を減らすのはなかなか難しいので、せめて、体重を増やさないで、ご自分に合った適切な施術が受けることができれば、改善は可能だと思います。
 

軟骨はすり減ってしまっても、軟骨で痛みが出ていない!
「原因は、軟骨がすり減っていますから~」
「関節の隙間が狭くなっているのが痛みの原因ですね~」
「加齢(老人性)による膝の痛みですよ。」

変形性膝関節症の原因で通院して、上記の様に言われた経験はありませんか?
上記のように「軟骨がすり減っている」のが、直接の原因で膝の痛みになることはないのです。
なぜなら、軟骨には痛みを感じるための痛覚神経がないからです。
膝の痛みを感じるのは、「軟骨のすり減り」が直接の原因ではなかったのです。
 

膝の痛みを感じる原因とは?
滑膜(かつまく)で痛みを感じています。
滑膜(かつまく)は、関節を包んでいる関節包の内側の膜です。
この滑膜で炎症(赤く腫れて熱感)が発症して、その炎症ために痛みを感じることになります。
その滑膜が炎症を起こす機序(順番)は下記の通りです。

 1.筋力の低下・加齢・肥満
 2.
関節の隙間が狭くなる
 3.
上の骨と下の骨の端についている関節面の軟骨同士がぶつかり合う
 4.
軟骨がぶつかり合ったり、こすれ合った結果、
   すり減った軟骨の微粒子が関節の内部に散らばっていく
 5.
散らばった軟骨の微粒子が滑膜にぶつかることによって、
   滑膜で炎症(赤く腫れて熱感)が発生する
 6.
滑膜の痛みを感じる痛覚神経が反応して痛みを感じてくる
 7.
滑膜の炎症(赤く腫れて熱感)が悪化して、膝関節の内部で、
   さらに、炎症(赤く腫れて熱感)が拡大、悪化する

以上のような機序(順番)から、変形性膝関節症の痛みが発症してきます。

つまり・・・変形性膝関節症の痛みの原因は・・・
滑膜(関節の内側の膜)の炎症による痛みです。


したがって・・・
この原因を施術すると、変形性膝関節症の痛みが改善できます。

この滑膜(関節の内側の膜)の炎症による痛みの他に、変形まで起こしている膝の関節症(=変形性膝関節症)のケースでは、膝の周りの筋肉・靭帯の不具合によっても痛みを発している部分あります。

膝の周りの筋肉・靭帯の不具合とは・・・
 1.
筋肉の引きつれ・炎症による痛み
 2.
靭帯の炎症による痛み

上記の筋肉・靭帯の不具合は、膝の痛みを抱えながらの日常生活で膝の筋力が低下して、体重を支えるだけでも膝の周りの筋肉・靭帯に、過剰な負荷が掛かることによって引き起こされます。

この様にして起こる筋肉・靭帯の不具合までも施術してゆくことで、変形性膝関節症での痛み・辛さから解放されます。

まとめると・・・
膝の痛み・変形性膝関節症の痛みの原因は、下記の3つです。

 1.滑膜(関節の内側の膜)の炎症による痛み
 2.筋肉の引きつれ・炎症の痛み
 3.靭帯の炎症の痛み

したがって、
根本的に膝の痛み・変形性膝関節症の痛みを改善するステップは・・・

 1.滑膜(関節の内側の膜)の炎症の痛みを取る
 2.筋肉の引きつれ・炎症の痛みを取る
 3.靭帯の炎症の痛みを取る、  これらの3つに加えて・・・
 4.痛みが軽減するのに合わせて膝の周りの筋力をアップさせる運動をする

この様にしてゆけば、根本的な痛みの改善ができて、膝への負担が軽減するので、再発の防止になります。
 

小山整骨院での施術の内容
当院は、関節の専門性を生かした独自の施術をしています。
膝の変形に伴って発症する痛み・辛さの対する施術は得意とする疾患の一つです。

下記の原因に対処してゆく施術です。
 1.滑膜(関節の内側の膜)の炎症を取る
 2.筋肉の引きつれ・炎症を取る
 3.靭帯の炎症を取る
 4.痛みが軽減するのに合わせて膝の周りの筋力をアップさせる運動をする

上記の原因1~4に対処する施術は、下記の3つによって行います。

1.滑膜の炎症・筋肉の引きつれ・靭帯の炎症を取るために、整体をします。
なぜ、整体が必要かと言うと、上記の原因に伴って、膝の関節の歪みが発生しているからです。
膝の関節に歪みがあると、体重が掛かる動作によって、さらに、歪みが大きくなるので、炎症や引きつれ等の症状が悪化します。
それを改善するために整体をしてゆき、膝の歪みを正しい位置に戻します。

個人の症状によっては、膝の上の関節(股関節)や膝の下の関節(足関節)にも歪みまで起きていますから、それらの関節の歪みも整体によって調整します。
 

2.炎症・痛みを取るために、医療機器でツボに通電します。
膝の内側の滑膜に炎症を起こしている膝の関節はたいへんデリケートな病態にあります。
膝の炎症や痛みに効果的がツボも、膝の周りには多いですが、その個人の症状に合ったツボを選択しゆかなければ、効果も半減してしまいます。

また、一口に、医療機器の通電と言っても、その刺激の種類や刺激の度合いも千差万別です。
当院では、直接、経験豊富な院長が施術にあたりますので、個人個人に適した刺激の種類や刺激の度合いを調節してゆきます。

その個人の症状に適した刺激の種類や刺激の度合いでなければ、まったく効果がないとさえ言えるくらいです。
まったく効果がない施術(=0)を、10回受けても、100回受けても、効果が現れることはない(0)です。

そのような無駄な時間を費やさないように、個人の症状に適したツボの選定と、刺激の種類や刺激の度合いで調節してゆきます。
 

3.筋力をアップさせるために、専用の通電療法をします。
冒頭でも述べましたように、変形性膝関節症で発症の要因となるのは、主に下記の3つです。    
1.膝の筋力の低下

2.加齢
3.肥満

いずれも、筋肉の筋力アップを行うことによって、早期に回復が図れ、再発を回避することができます。
そのため、当院では、専用の通電療法を膝の関節の周りの筋肉の筋力アップを行います。

また、自宅ケアーの体操を教えます。
誰にでも、簡単にできて、毎日2~3分で効果を実感できる体操なので、習得が楽にできます。

この様にして、当院では、膝の痛み・変形性膝関節症の痛みの原因を取り除くのに、最も適切な施術をしていますので、変形性膝関節症の痛み・膝の痛みを悪化させないで改善することができます。
 適切な施術を受けないままで、膝の痛み・変形性膝関節症の痛みを抱えたまま、日常生活で膝に負担をかけていると、どうなってゆくのでしょうか?

そうすると、筋肉の量も少なくなり筋力が低下するので、症状(痛み・炎症・変形)が悪化の一途をたどるのは、目に見えています。

できるだけ、早期に適切な施術を受けて痛みからの解放を図りましょう。

 

yorokobi1.jpg

  

 kansou-kosi2.jpg

 

kansou-sokukin2.jpg

 

kansou-hiza1.jpg

  

kansou-kokansetu1.jpg

 

 

整体の流れ

流れ1.jpg

 ご来院後 、

 カウンセリング・シートを書いていただきます♪

 

 

流れ2.jpg

 ご記入されたカウンセリング・シートを見ながら、

 詳しい内容を質問していきます♪

 

 

 流れ3.jpg 身体バランスや歪みを検査中

 カラダのズレを診ますよ~♪

 

 

 

流れ4.jpg上半身の動きを診てみましょう~ね

 

 

 

流れ5.jpg質問と検査に基づいて施術開始♪

 

 

 

流れ6.jpgリラックス♪ できる施術です♪

 

 

 

流れ7.jpg  【施術後】カラダも心も軽~く!!

 素敵な 笑・顔・美・人 に♪

 

 

   hizafukidasi.png

特徴 その1

カラダを見れば、あなたのどこを施術すれば、回復してゆくのか分かる。

当院では、局所の症状 と 根本原因 の両方面からチェック!しています。

zutukata07.jpgこのような「局所の症状」であるコリや痛み、だるさ、重さの原因となっている筋肉のコリ 自体(トリガーポイント)と骨格の歪みとして表れる「根本原因」の両方を改善してゆくことを第一に考えて施術を行っています。

さらに、頭痛、肩こり、首の痛みが出にくいカラダを維持するために必要な対策として、「姿勢の改善」や「体操の指導」も行って、早期の回復とその後の日々の快適な生活が長く送れるように指導しています。

特徴 その2

倦まず弛まず、日々、施術の技術力をアップ!

毎月の学会では、講師として指導役を務めています (^^

zutukata08.jpg当院では、人体解剖学・生理学の知識と、整体・鍼灸の施術の技術力のブラッシュアップに余念がありあません。

毎月、学会(東京・大阪・福岡)で、講師としても参加しながら、技術を探究しています。

今のレベルに満足することはありません。

施術の技術力をアップさせてゆくことで、最善なる施術をあなたに用いて、早期の回復につなげています。

特徴 その3 

どこが、あなたの痛み・シビレ・お辛さの原因なのか?が分かる検査とその原因に対する施術だからこそ回復に導くことができる

zutukata10.jpg

いつまでも、ツライ症状を一人で抱え込まないで欲しいです。

zutukata11.jpg当院は、あなたの本来のカラダがよみがえり、体も心もスッキリ!できる施術を提供しています。

以前の元気なあなたを取り戻していただけるよう、当院は、本気で、お手伝いさせていただきます。

 

宇部市・山陽小野田市 小山整骨院 のご案内

施術料金      宇部市 山陽小野田市 小山整骨院

↓ この様な方に おススメです ↓

長年の慢性症の辛さを改善したい方!(慢性の辛さ)

寝違いなど急に、首・肩・頭・背中に痛みが出た方(急性の痛み)

痛みや不調で仕事・家事に集中できない方

数カ所行ってみたけれど、なかなか改善されない方

毎日を楽しく元気に暮らしたいい方

初回割引特典

インターネット限定特典/ホームページを見た方には、ホームページ特典として初見料7,000円が今なら6,300円

「痛み・シビレ」専門施術の料金

初回 7,000円が今なら6,300円
2回目以降 6,500円

※料金はすべて税込価格です。

※O脚・小顔・骨盤矯正系・交通事故の施術料金は各ページをご覧ください

 

 

施術を受けるとzutukata22.gif

zutukata23.gif苦しんだのは過去のモノ。すっかり忘れて、エネルギッシュな毎日が過ごせます。

zutukata23.gif毎日の痛み・辛さの調子に、一喜一憂する必要が無くなります。

zutukata23.gif痛みで眠れない夜と、サヨナラできます。グッスリ眠れます。

zutukata23.gif仕事に支障が無くなって、生産性が上がります。

zutukata23.gifスポーツや趣味で、これまでとは違った積極的な行動がとれます。

zutukata23.gif「何か、よい施術法が無いか?」 と、探し回るのは、もう、終わりです。

 

カラダが思い通りに動ける喜びと 「当たり前」の幸せを手にしましょう。

 

完全予約制     宇部市 山陽小野田市 小山整骨院

当院は完全予約制です。 飛び込みで来院されましても、予約を取って頂くことになります。

電話での「当日予約」も受け付けております通常、施術時間は目安として5060分、カウンセリング・検査などが入りますので、 来院されてから帰られるまで90~120分・・・

ホームページを見た

 予約したい

・・・とおっしゃってください。

 あなたのお困りの痛みや違和感

 ご予約希望の日時

 ご連絡先電話番号(携帯電話等)

 お名前

・・・をおうかがいします。よろしくお願いいたします。 

 

交通アクセス   宇部市 山陽小野田市 小山整骨院

小山整骨院と駐車場正面から撮影した当院です。

グリーン色の外観が目印です。

お車も20台、駐車可。

常に、駐車が楽にできます。



759-0206 山口県宇部市東須惠2946-7 (通称:厚南区第一原)
*整骨院の斜め前には、広い駐車場のセブンイレブンがあります。

 


大きな地図で見る

お車・電車・バスを利用するルート・道順を写真入りで説明しています。

「小山整骨院」への行き方を、お越しになる方面・ルートに合わせてご覧になって下さいね。

下記の関連する記事: の各方面クリックして頂くと、ルート・道順ごとに写真付きで案内があります。

  関連する記事:車のケースは、下記をクリック!  

 

県外や、宇部市・山陽小野田市以外の市町村(美祢市‣長門市・萩市・下関市・山口市・防府市などからお越しの方は、グーグル・マップ(上記)の広い範囲を指定して、ご覧ください。

 

道順がご不安な方は、 

ご遠慮なく、お電話0836-44-5005くださいね。

  

関連する記事:電車やバスをご利用の方は、下記をクリック! 

 

追伸、     宇部市 山陽小野田市 小山整骨院

 ここまで、お読みになったあなたは、偉いと思います。 

ご自分のカラダの事を真剣にとらえて改善してゆきたいと心から感じているからこそ、当院のホームページに出会って、こちらの 【症状別対策:当院が得意とする症状】 ページにたどり着いたのだと思います。 

そんなあなたには、ぜひとも、その辛さから脱して体調を取り戻してほしいです。

 そんな私の願いを反映したものが、ここの項に書き込んだ内容です。

 痛みやコリ感といった不快な症状は、燃え始めた 「火事 と一緒なんです! zutukata26.jpg

燃え始めた 火事」 も、そのまま放置しておくと、燃え広がってゆきますよね。 

そして、挙句の果てには、建物も崩れ落ちてゆきます。

あなたの カラダ が、 今!マズ~イ」 状況になっていると、少しでも、感じていたら、あなたの カラダ が、「火事」 で崩れ落ちてゆく建物と同じ羽目にならないうちに、一日でも早く施術を開始して下さい。  

その方が、早く楽な体調にもどれるので、仕事や、趣味や、家事や、日常生活がスムーズになって、断然、メリットがあって、得策だと思いませんか。

 

諦めないでくださいね。

 

 

きっと、よくなってゆきます。

 一度、お試し下さい。

 

最後に、 

これまで、我が身を振り返らないで頑張ってきたあなたには、ぜひとも、その辛さから脱して体調を取り戻してほしい! 

っと、心底、願いながらエールを送って本稿を終えます。

 

メニュー

初回割引特典

インターネット限定特典/ホームページを見た方には、ホームページ特典として初見料7,000円が今なら6,300円

「痛み・シビレ」専門施術の料金

初回 7,000円が今なら6,300円
2回目以降 6,500円

※料金はすべて税込価格です。

※O脚・小顔・骨盤矯正系・交通事故の施術料金は各ページをご覧ください

 

※当日予約も可能です。 でも、確実にご希望の時間で予約したいという方は、2〜3日前にはご連絡ください。ご予約受付:0836-44-5005 ↑ここをタップ! メールでのお問い合わせ