足底筋膜炎

メインビジュアル06-足底筋膜炎.jpg

 

当院の足底筋膜炎(足底腱膜炎)の施術について

当院で行う足底筋膜炎(足底腱膜炎)の施術は、根本的な骨格の歪みの矯正や炎症・筋膜や腱膜の硬直・疲労をとってゆく対処法がユニークな方法です。

他の院でよく言われる「炎症があるので安静にして様子を見る」と言うような消極的な方法とは違います。

もちろん、余分(過度)な負担をかけないほうが、回復を手助けすることになりますので、安静も大切ですが、安静だけでは着実な回復は望めないので、前述の対処方法を講じています。

当院の施術法をお話しする前に、まず、足底筋膜炎(足底腱膜炎)の症状やり患しやすくなる悪い影響要因、原因、他院での施術などについて、お話してゆきましょう。

~~~~~~~~~ 目 次 ~~~~~~~~~

【1】足底筋膜炎(足底腱膜炎)はどんな炎症症状?

【2】足底筋膜炎(足底腱膜炎)の引き起こしやすい要因

【2-1】よく起こすスポーツ

【2-2】床や地面の硬さも足底筋膜炎(足底腱膜炎)の発症に影響します。

【2-3】シューズのクッション性も足底筋膜炎(足底腱膜炎)の発症に影響します。

【2-4】肥満(体脂肪が多めの隠れ肥満)も発症に悪い影響がある。

【3】足底筋膜炎(足底腱膜炎)3つの大きな原因と当院の施術方法

原因 その1「腰・骨盤・股・膝・足」各関節のゆがみ

原因 その1「腰・骨盤・股・膝・足」各関節のゆがみに対する「当院の施術方法」

 

原因 その2「足関節(足首)の固さ」

原因 その2「足関節(足首)の固さ」に対する「当院の施術方法」

 

原因 その3「土踏まずの崩れ=偏平足」&「ハイアーチ」

原因 その3「土踏まずの崩れ=偏平足」&「ハイアーチ」と「当院の施術方法」

【追伸その1】

【追伸その2】

 

 

【1】足底筋膜炎(足底腱膜炎)はどんな炎症症状?

足底面の中央部分は、足底筋が発達して特に厚みがあって、この部分を足底筋がついている部分です。
足底筋はかかと踵(かかと)の骨の内側の底面に付着しておこり、そこから、足の各指5本の根元の骨(基節骨)に付着して終わる構造になっています。

 

※「足底筋膜炎」と「足底腱膜炎」の違いとは?

一般にはいわゆる「足底筋膜炎」といわれ、医学用語では、「足底腱膜炎」と言っています。
痛みの部分として、よく発生する好発部位は、足底(足裏)の土踏まずの後方から前の部分までにある所で一番筋肉の厚みを感じる部分です。
この部分にあるの「足底腱膜」が炎症を引き起こすので、「足底腱膜炎」という医学用語を用いますが、一般には、足底(足裏)の全体を覆っている筋肉としての認識から「足底筋」の筋膜の炎症として、「足底筋膜炎」と言われます。

陸上競技のランニング、ジャンプやダッシュを伴うような激しいスポーツの動作などが繰り返されることによってよく発症します。

これは、踵(かかと)の裏面に付着している足底腱膜に反復して牽引を受けるような力が加わることによって、足底筋の腱膜の部分や腱自体に炎症が発症してしまうことが原因です。

また、この炎症や症状によって、足底腱膜が固くなるので、骨の表面を覆う骨膜にも牽引力が発生することも珍しくありません。
この骨膜の痛み・炎症が悪化すると、踵(かかと)の裏の前の部分により大きな痛みを感じます。

 

 

【2】足底筋膜炎(足底腱膜炎)の引き起こしやすい要因

【2-1】よく起こすスポーツ

  • マラソン
  • バスケットボール
  • バレーボール
  • 野球
  • サッカー

この様な激しいスポーツで持続的に負担をかけて発症することは、想像できると思います。

40代~70代のマラソンランナーやバスケットボール・エアロビックスなど、繰り返される足への負担が大きくなることによって引き起こされてゆきます。
症状の程度はあるにしてもその罹患人数は220万人ともいわれています。

 

また、一方で、立ち仕事や歩行が多いお仕事をされている方々も、当院にはよく受診されています。

スポーツでの発症もお仕事での発症も、共通する点は、「持続的な負担が長期の間」足底部をはじめとした腰から~下半身にかかっている点です。

この様に「持続的な負担を長期の間」受けている事に加えて、患者さんサイドの体・骨格を支える筋力の低下(筋力不足)が足底部をはじめとした腰から~下半身の関節の「ゆがみ」を引き起こします。

※この点については、足底筋膜炎(足底腱膜炎)が発症してしまう「大きな原因」になってゆきますので詳しく後述します。

 

この足底筋膜炎(足底腱膜炎)は、整形外科にかかっても、湿布による炎症鎮痛効果を期待して「安静」だけで終わってしまうことが多いでしょう。

また、ステロイド系抗炎症薬の注射で対処する医師もいますが、その効果は一時しのぎにすぎないと言われています。

【2-2】床や地面の硬さも足底筋膜炎(足底腱膜炎)の発症に影響します。

硬い床(フローリング)の上でダンスや運動を繰り返していると足底部にかかってく負担がより大きくなるので発症するリスクが高まります。

固いグランドやコンクリート、アスファルトの上でスポーツを繰り返していることによっても、気付かないうちに足底部への負担はかなり大きくなってしまいますから、足底筋膜炎(足底腱膜炎)になる要因です。

また、固くなっている地面の上での草刈り作業なども、繰り返ししていることによって発症してしまうリスクは高くなります。

 

【2-3】シューズのクッション性も足底筋膜炎(足底腱膜炎)の発症に影響します。

あなたのシューズは、あなたの体重の負担や仕事・運動トレーニングの衝撃を十分に吸収・緩和してくれているでしょうか?

ランニングをしている方なら、ランニング専用のシューズの方がランニング中の衝撃を吸収して足底部への負担を緩和してくれます。

それほど有名ではないスポーツメーカーのシューズはどうでしょうか?そのシューズが本来持っている衝撃を和らげてくれる緩衝作用に不安があるかもしれません。

そのような不安があるランニングシューズは、足底部や足関節(足首)に直に衝撃が伝わるので、足底部の筋膜が損傷を起こしたり、炎症を引き起こしてしまいやすいです。

シューズに衝撃を和らげてくれる、また、衝撃を吸収してくれる作用がしっかりしたランニングシューズを選びましょう。

なぜなら、足底部に直接かかる大きな負担を小さくすることができるので、足底筋膜炎(足底腱膜炎)に対してやさしいシューズといえますから。

このことはベテランランナーばかりに言えることではなくて、意外に初心者のランナーにも言えることなので注意が必要です。

なぜなら、初心者のランナーは、長距離を走る筋力の不足や走法フォームが定まっていないので、足底部や足関節(足首)に過大な負担が掛かってくるからです。
こうなると足底筋膜炎(足底腱膜炎)をはじめとして、ランナーニー(膝)、シンスプリント、などの痛みと炎症の発症リスクが高まってきます。

 

この様にして考えると、ランニングシューズ選びも大変、重要です。

 

【2-4】肥満(体脂肪が多めの隠れ肥満)も発症に悪い影響がある。

小太りも含めて肥満のケースでは、特に、立ち仕事で長い時間、足や足底に体重をかけていると、その体重(荷重)が度を過ぎた負担となって、足底筋膜炎(足底腱膜炎)を引き起こしやすくなります。

足底筋膜炎(足底腱膜炎)の症状が出ているのに、小太りや肥満を解消するために、運動ドレーニングをするケースでは、はじめから、ランニング・ジョギング・ダンスなど、直接、足底部にかかる負担が大きな運動トレーニングは避けておいたほうが悪化するリスクを回避できて安心して取り組めるでしょう。

小太りや肥満を解消するために取り組みやすい運動としてお勧めするのは、はじめのうちは、自転車をこぐことやスイミングです。
自転車をこぐことやスイミングは足底不部に負担が大きく掛からなくて、全身運動にもなるからです。

 

 

【3】足底筋膜炎(足底腱膜炎)3つの大きな原因と  当院の施術方法

当院では、スポーツマッサージ・整体・ツボへの電気・鍼灸等の施術を組み合わせることによって、足底筋膜炎(足底腱膜炎)になった局所の痛み・炎症症状の消炎・鎮痛に効果を上げています。

しかし、足底筋膜炎(足底腱膜炎)の回復には、局所の痛み・炎症に対処する施術だけでは、早期の着実な効果までには至りません。

つまり、足底筋膜炎(足底腱膜炎)を発症している局所(=足底部)に多大な過重・負荷を掛けている「3つの大きな原因」が他にあるのです。

局所へ対処する施術と「3つの大きな原因」に対処する施術を兼ね合わせることによって、早期の着実な回復に導くことができます。

この「3つの大きな原因」に対処する施術をすることによって、当院では、多くの足底筋膜炎(足底腱膜炎)でお困りの患者様をスポーツへの早期の復帰や・立ち仕事などの職場への復帰へと導いてきました。

 

では、その「3つの大きな原因」について、次にお話してゆきましょう。

 

原因 その1「腰・股・膝・足」各関節のゆがみ

原因 その2「足関節の硬さ」

原因 その3「土踏まずの崩れ(=偏平足)」

 

それでは、上記の3つの原因とその施術方法について、それぞれ説明してゆきましょう。

原因 その1「腰・骨盤・股・膝・足」各関節のゆがみ

「腰・骨盤・股・膝・足」の各関節のひずみが、実は、足底筋膜炎(足底腱膜炎)の大きな原因になっています。

この原因のシンプルな理由の要約・・・

この理由は、「腰・骨盤・股・膝・足」の各関節のひずみ・ねじれによって、てこの原理が働く様にして、足底筋膜(足底腱膜)の部分にかかってくる荷重・負荷が通常よりも大きくなってしまうからです。

その大きくなってしまった荷重・負担に耐えかねて足底筋膜(足底腱膜)の部分に損傷・炎症が引き起こされることになります。

 

足底筋膜炎(足底腱膜炎)を患っている患者様の骨格をみてみると、ある共通点があります。

それは、ほとんど例外なく、腰・骨盤からはじまって、股・膝・足までの関節のゆがみが観察できるということです。

当院にいらっしゃると、一番。最初に鏡の前での骨盤等の体の検査を行います。
その際に、足底筋膜炎(足底腱膜炎)の方とご一緒にその各関節のゆがみの程度を検査して見ることにしています。

その際には、ご自分が下半身の各関節のゆがみの程度がどの程度あるのかを発見されて驚いている光景をよく目にします。

 

原因 その1「腰・骨盤・股・膝・足」各関節のゆがみに対する「当院の施術方法」

当院では、腰・骨盤・股・膝・足の各関節のゆがみこそが、足底筋膜炎(足底腱膜炎)の隠れた「根本の原因」だとの認識から検査、施術に当たっているところが特徴的です。

【検査】

腰・骨盤・股・膝・足の各関節のゆがみがどれくらいの割合で発生しているのかどうか?を鏡の前で、実際に、一緒に目視検査してチェックします。

 

●鏡の前で腰の骨や背骨の曲がり具合をチェック中です

●骨盤の左右の高さの違いを発見しました。

●膝の下の骨(スネの骨)と上の骨(大たい骨のねじれ具合を検査中です

 

【施術方法】

前述の検査・チェックで判明した各関節のゆがみに対して、骨格矯正・整体・スポーツマッサージの中から各関節のゆがみに応じて必要な手技の方法を選んで手当、施術を行います。

当院の施術は、足底筋膜炎(足底腱膜炎)を起こしている足底部(局所)の炎症を取ることだけではありません。

足底筋膜炎(足底腱膜炎)を引き起こしてしまった、隠れた「根本の原因」(腰・骨盤・股・膝・足の各関節のゆがみ)から対処・施術する方法なので、着実な治療効果を発揮して回復するができます。

 

●骨盤のゆがみに有効な矯正方法を施術中です。

●股関節と膝関節のゆがみに対して、整体の施術中です。

●足関節(足首)は外踝(くるぶし)と内踝(くるぶし)が開き過ぎて(離れてしまい過ぎて)いることが良く見受けられますので、外踝(くるぶし)と内踝(くるぶし)を矯正の施術で合わせているところです。

 

 

原因 その2「足関節(足首)の固さ」

この原因のシンプルな理由の要約・・・

足関節(足首)が固いケースでは、足底筋膜(足底腱膜)に正常よりも大きな荷重・負荷が掛かってきて炎症や損傷を引き起こします。

足関節(足首)の固さを引き起こす筋肉としては、ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)・スネの筋肉(前脛骨筋など)の疲れや筋緊張があります。

これらの筋肉が固い状態でスポーツをやり続けていたり、長い時間の立ち仕事を毎日のようにしていると、足関節(足首)が固まってきて関節の可動域が小さくなってゆきます。

このようにして、可動域が小さくなることで、さらに、足関節(足首)の柔軟性がなくなって固まってゆくような悪循環から、足底筋膜炎(足底腱膜炎)を引き起こしてしまいます。

 

原因 その2「足関節(足首)の固さ」に対する「当院の施術方法」

足関節(足首)の可動域を狭くしている原因がふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)・スネの筋肉(前脛骨筋など)の疲れや筋緊張に対して有効なスポーツマッサージの施術を行います。

また、ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)・スネの筋肉(前脛骨筋など)の疲れや筋緊張のために、結果的に、固くなってしまった足関節(足首)に対しては、可動域を広げるために有効な矯正術を行って回復に導きます。

 

●ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)・スネの筋肉(前脛骨筋など)の疲れや筋緊張に対してスポーツマッサージをしています。

●固くなってしまった足関節(足首)に対しては、可動域を広げるために有効な矯正術を行っているところです。

 

 

原因 その3「土踏まずの崩れ=偏平足&ハイアーチ」

この原因のシンプルな理由の要約・・・

足底の「土踏まず」がもつ扇状のアーチの形が正常なのか異常(偏平足)なのか、また、「土踏まず」や「足の甲」がハイアーチ状になっているかどうかよっても、足底筋膜炎(足底腱膜炎)が起こるリスク確率が大きく違ってきます。

 

「土踏まず」は扇状のアーチの形をしています。
この扇状のアーチの形によって、上からの衝撃を吸収したり分散してくれる、つまり、その役割は衝撃を和らげてくれる働きです。
偏平足のケースはその衝撃を和らげてくれにくくなるから、足底筋膜炎(足底腱膜炎)を引き起こしやすくなります。

 

原因 その3「土踏まずの崩れ=偏平足」&「ハイアーチ」と「当院の施術方法」

土踏まずの問題である偏平足の低いアーチや足の甲が高くなったハイアーチの状態で問題になってくるのが、足の踵(かかと)の骨や5本の指の骨、そして、その2種類の間に関節を作っている足根骨といわれる骨のゆがみの程度です。

やはり、生まれつきの偏平足やハイアーチなど、ゆがみの程度が大きい状態のケースでは、解剖的な正常な状態に戻すことはできません。

しかし、足底筋膜炎(足底腱膜炎)やその痛みを発症する前までの状態に戻すことは可能です。
その発症前のアーチの状態に戻して、なお且つ、足底筋や足底腱膜の緊張した状態を和らげることによって、足底筋膜炎(足底腱膜炎)の炎症と痛みを回復してゆくことができます。

 

 

●足底部(土踏まず)の扇状のアーチを正常な形にするための矯正を施術中です。

●足の甲側のハイア-アーチに対する調整を行っています。

●足底部の炎症症状や痛みを取るための通電方法を行っています。

 

【追伸その1】

足底筋膜炎(足底腱膜炎)は、足底腱膜が踵(かかと)に付着しようとする部分で腱と膜が炎症を起こすものです。

無理をして運動トレーニングやランシングを続けて、あるいは、仕事で無理が重なってゆくと、足底腱膜の腱と膜の炎症が骨膜まで波及して骨膜の炎症まで起こしてさらに重く深い痛みとして悪化することも決して珍しくありません。

骨膜の炎症(骨膜炎)まで波及すると、当然、治療の期間も長くかかってしまうので、その痛みと炎症のために気持ちや精神面でのお悩みまで深まってしまいます。

 

【追伸その2】

私は、30年ほどの施術経験な中で、多くの足底筋膜炎(足底腱膜炎)を施術してきました。

足底筋膜炎(足底腱膜炎)を患ったら、まずは、整形外科でドクターのみ立ててに沿った施術と投薬を受けることが通常だと思います。

 

そこで回復してゆかなければ、他の整骨院や整体院、マッサージ院に通い、そこでも回復しないで数か月から~数年を過ごし慢性的な痛みを抱えてまま、当院の施術を受けに来院される方が大変多いです。

当院の施術の特徴は、足底筋膜炎(足底腱膜炎)で起こった足底部の痛み・炎症を取る局所の対処、施術のみではないということです。

前述(原因その1で説明)したように、足底筋膜炎(足底腱膜炎)が起こってしまった「隠れた根本の原因」まで取り除くことが当院の戦術の特徴です。

 

yorokobi1.jpg

  

 kansou-sokukin1.jpg

 

kansou-sokukin2.jpg

 

整体の流れ

流れ1.jpg

 ご来院後 、

 カウンセリング・シートを書いていただきます♪

 

 

流れ2.jpg

 ご記入されたカウンセリング・シートを見ながら、

 詳しい内容を質問していきます♪

 

 

 流れ3.jpg 身体バランスや歪みを検査中

 カラダのズレを診ますよ~♪

 

 

 

流れ4.jpg上半身の動きを診てみましょう~ね

 

 

 

流れ5.jpg質問と検査に基づいて施術開始♪

 

 

 

流れ6.jpgリラックス♪ できる施術です♪

 

 

 

流れ7.jpg  【施術後】カラダも心も軽~く!!

 素敵な 笑・顔・美・人 に♪

 

 

   sokukin-fukidasi.png

特徴 その1

カラダを見れば、あなたのどこを施術すれば、回復してゆくのか分かる。

当院では、局所の症状 と 根本原因 の両方面からチェック!しています。

zutukata07.jpgこのような「局所の症状」であるコリや痛み、だるさ、重さの原因となっている筋肉のコリ 自体(トリガーポイント)と骨格の歪みとして表れる「根本原因」の両方を改善してゆくことを第一に考えて施術を行っています。

さらに、頭痛、肩こり、首の痛みが出にくいカラダを維持するために必要な対策として、「姿勢の改善」や「体操の指導」も行って、早期の回復とその後の日々の快適な生活が長く送れるように指導しています。

特徴 その2

倦まず弛まず、日々、施術の技術力をアップ!

毎月の学会では、講師として指導役を務めています (^^

zutukata08.jpg当院では、人体解剖学・生理学の知識と、整体・鍼灸の施術の技術力のブラッシュアップに余念がありあません。

毎月、学会(東京・大阪・福岡)で、講師としても参加しながら、技術を探究しています。

今のレベルに満足することはありません。

施術の技術力をアップさせてゆくことで、最善なる施術をあなたに用いて、早期の回復につなげています。

特徴 その3 

どこが、あなたの痛み・シビレ・お辛さの原因なのか?が分かる検査とその原因に対する施術だからこそ回復に導くことができる

zutukata10.jpg

いつまでも、ツライ症状を一人で抱え込まないで欲しいです。

zutukata11.jpg当院は、あなたの本来のカラダがよみがえり、体も心もスッキリ!できる施術を提供しています。

以前の元気なあなたを取り戻していただけるよう、当院は、本気で、お手伝いさせていただきます。

 

宇部市・山陽小野田市 小山整骨院 のご案内

施術料金      宇部市 山陽小野田市 小山整骨院

↓ この様な方に おススメです ↓

長年の慢性症の辛さを改善したい方!(慢性の辛さ)

寝違いなど急に、首・肩・頭・背中に痛みが出た方(急性の痛み)

痛みや不調で仕事・家事に集中できない方

数カ所行ってみたけれど、なかなか改善されない方

毎日を楽しく元気に暮らしたいい方

初回割引特典

インターネット限定特典/ホームページを見た方には、ホームページ特典として初見料7,000円が今なら6,300円

「痛み・シビレ」専門施術の料金

初回 7,000円が今なら6,300円
2回目以降 6,500円

※料金はすべて税込価格です。

※O脚・小顔・骨盤矯正系・交通事故の施術料金は各ページをご覧ください

 

 

施術を受けるとzutukata22.gif

zutukata23.gif苦しんだのは過去のモノ。すっかり忘れて、エネルギッシュな毎日が過ごせます。

zutukata23.gif毎日の痛み・辛さの調子に、一喜一憂する必要が無くなります。

zutukata23.gif痛みで眠れない夜と、サヨナラできます。グッスリ眠れます。

zutukata23.gif仕事に支障が無くなって、生産性が上がります。

zutukata23.gifスポーツや趣味で、これまでとは違った積極的な行動がとれます。

zutukata23.gif「何か、よい施術法が無いか?」 と、探し回るのは、もう、終わりです。

 

カラダが思い通りに動ける喜びと 「当たり前」の幸せを手にしましょう。

 

完全予約制     宇部市 山陽小野田市 小山整骨院

当院は完全予約制です。 飛び込みで来院されましても、予約を取って頂くことになります。

電話での「当日予約」も受け付けております通常、施術時間は目安として1025分、カウンセリング・検査などが入りますので、 来院されてから帰られるまで50~60分・・・

ホームページを見た

 予約したい

・・・とおっしゃってください。

  あなたのお困りの痛みや違和感

 ご予約希望の日時

 ご連絡先電話番号(携帯電話等)

 お名前

・・・をおうかがいします。よろしくお願いいたします。 

 

交通アクセス   宇部市 山陽小野田市 小山整骨院

小山整骨院と駐車場正面から撮影した当院です。

グリーン色の外観が目印です。

お車も20台、駐車可。

常に、駐車が楽にできます。



759-0206 山口県宇部市東須惠2946-7 (通称:厚南区第一原)
*整骨院の斜め前には、広い駐車場のセブンイレブンがあります。

 


大きな地図で見る

お車・電車・バスを利用するルート・道順を写真入りで説明しています。

「小山整骨院」への行き方を、お越しになる方面・ルートに合わせてご覧になって下さいね。

下記の関連する記事: の各方面クリックして頂くと、ルート・道順ごとに写真付きで案内があります。

  関連する記事:車のケースは、下記をクリック!  

 

県外や、宇部市・山陽小野田市以外の市町村(美祢市‣長門市・萩市・下関市・山口市・防府市などからお越しの方は、グーグル・マップ(上記)の広い範囲を指定して、ご覧ください。

 

道順がご不安な方は、 

ご遠慮なく、お電話0836-44-5005くださいね。

  

関連する記事:電車やバスをご利用の方は、下記をクリック! 

 

追伸、     宇部市 山陽小野田市 小山整骨院

 ここまで、お読みになったあなたは、偉いと思います。 

ご自分のカラダの事を真剣にとらえて改善してゆきたいと心から感じているからこそ、当院のホームページに出会って、こちらの 【症状別対策:当院が得意とする症状】 ページにたどり着いたのだと思います。 

そんなあなたには、ぜひとも、その辛さから脱して体調を取り戻してほしいです。

 そんな私の願いを反映したものが、ここの項に書き込んだ内容です。

 痛みやコリ感といった不快な症状は、燃え始めた 「火事 と一緒なんです! zutukata26.jpg

燃え始めた 火事」 も、そのまま放置しておくと、燃え広がってゆきますよね。 

そして、挙句の果てには、建物も崩れ落ちてゆきます。

あなたの カラダ が、 今!マズ~イ」 状況になっていると、少しでも、感じていたら、あなたの カラダ が、「火事」 で崩れ落ちてゆく建物と同じ羽目にならないうちに、一日でも早く施術を開始して下さい。  

その方が、早く楽な体調にもどれるので、仕事や、趣味や、家事や、日常生活がスムーズになって、断然、メリットがあって、得策だと思いませんか。

 

諦めないでくださいね。

 

 

きっと、よくなってゆきます。

 一度、お試し下さい。

 

最後に、 

これまで、我が身を振り返らないで頑張ってきたあなたには、ぜひとも、その辛さから脱して体調を取り戻してほしい! 

っと、心底、願いながらエールを送って本稿を終えます。

 

メニュー

初回割引特典

インターネット限定特典/ホームページを見た方には、ホームページ特典として初見料7,000円が今なら6,300円

「痛み・シビレ」専門施術の料金

初回 7,000円が今なら6,300円
2回目以降 6,500円

※料金はすべて税込価格です。

※O脚・小顔・骨盤矯正系・交通事故の施術料金は各ページをご覧ください

 

※当日予約も可能です。 でも、確実にご希望の時間で予約したいという方は、2〜3日前にはご連絡ください。ご予約受付:0836-44-5005 ↑ここをタップ! メールでのお問い合わせ